Deprecated: class-oembed.php の使用はバージョン 5.3.0 から非推奨になっています ! 代わりに wp-includes/class-wp-oembed.php を使ってください。 in /export/sd201/www/jp/r/e/gmoserver/9/0/sd0482590/mangaloid.jp/wordpress-4.3.1-ja-jetpack-undernavicontrol/wp-includes/functions.php on line 4907

大友克洋 ショートピース

整理していたら大友克洋の初の単行本「Short Peace」が2冊出てきた。

出版社が異なる2つのバージョン。
あとがきが、初々しい。

「AKIRA」は分かりやすい傑作だけど、「童夢」は分かり難い作品だ。

この作品が当時、正当に評価されていたのは、健全な批評文化があったからかな・・・。

進化した劇画。
映画のような漫画。
カメラのレンズの概念を反映した初めてのマンガ。

とか言われていたような気がするけど、リアルタイムで体感していた訳ではなかったから、「童夢」という作品には、ピンと来なかった。たぶん多くの漫画家が、潜在的に大友克洋の影響下にあり模倣しているので、新しく感じなかったのかもしれない。

 

今は、批評や評論がしづらい時代になってしまった。

あまりに細分化し、歴史が積み重なり、一般的な読者が有する可処分時間を、遥かに超えてしまった文化的蓄積。
海外の情報も容易に手に入るので、体系化もできず、もはや収拾の付かない事態になっており、作品の歴史的な価値を無みするしかない。

発売から40年くらい経過した今読むと、作品を作る志の高さが伝わってくる。
あるいは、簡単には読み解かれないぞという強固な防衛本能が、ある種のブランディングを成功させているようにも感じる。

後にAKIRAを作ることになった原点が、新しい漫画を作ろうとする矜恃が、面白い面白くないを超えた何かが、確実に存在していた。やっぱり大友克洋は、大友克洋だった。志高いなぁ~。

 

追記1)

大友克洋の作品で記憶に残っているのは「Electric Early Bird」という短編。
どの短編集に載っていたか調べようと思ったけど、なぜかネットで検索してもヒットしない…。
タイトルの記憶違いかも。オシャレでカッコいい作品だったなぁ…

追記2)思い出しました。
「Electric Bird Land」でした。

 

大坪 拝

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Translator »