コラム

【コラム】日本人俳優とハリウッド俳優の演技力について

Pocket
LINEで送る

 

実は、ある作劇法を新しく考案しました。
小説、映画、ドラマ、戯曲、漫画等々、かなり広範な分野に渡っていろいろな制作手法を学んできたけど、この切り口の作劇法は、まだ聞いたことがない。意外な方向から物語を切り取り再構築する為、あまり着目されてこなかったのかも…。
結果を出した後で、もう少し自分なりの考えを深化させてから、いずれどこかで公表したいなと…。

 

で今回は、その作劇法の一部分を、少しだけ切り取った”演技力”についてのコラムです。
3Dキャラクターに演技を施すのは、かなり実写映像に似ているので、演技や演出について考えることが多くなりました。
そこで常々思ってきたことなのですが、なぜ、アメリカの俳優の方々は演技が上手いのか??

続きは、こちらのページに移動しました~。

 

 

 

Pocket
LINEで送る

関連記事

  1. 【コラム】拡張型スターシステムの可能性
  2. 山本おさむ「ぼくたちの疾走」
  3. VALUのVAは優待特典がなければ、論理的には資産価値ゼロ
  4. (表情は)テクスチャーか、モーフィングか。それが問題だ。
  5. ATPU(アトプ)から予測するマストドンの持続可能性
  6. VALUの問題点をズバリ解説:ヒカルがんばれ!
  7. 【3DCGマンガ論:第2回】キャラクターがしゃべる??漫画
  8. 【コラム】売れるマンガを作る

3DCGイラスト制作承ります。

カテゴリー記事一覧

おすすめ記事

  1. 【DAZSTUDIO】Irayでアニメーション
  2. 【Daz Studio】ライティングをテストしてみた。
  3. ATPU(アトプ)から予測するマストドンの持続可能性
  4. DAZ to UE4 / DAZ studioキャラをUnreal Engine 4
  5. 【Adobe】Dimension CCで出来ること
  6. ”応力”と年末のご挨拶
  7. 【DASstudio】オススメposeデータまとめ
  8. 無料ランキングで1位・2位を奪取!有料本も新着1位に!!
  9. 【コラム】全ての書籍が有料ブログ化?!アマゾンの読み放題サービス kindle unlimited
  10. 【コラム】「不気味の谷」と「妄想の山」
PAGE TOP