Daz Studio

【daz Studio/基本】学び方のコツと、仕組みを理解する為に最初に購入したいDAZSTUDIOアイテム

Pocket
LINEで送る

 

Daz Studioは、まだ日本語バージョンがないこともあって、最初はかなり取っつきにくいソフトです。

ただし、やり方によってはそれ程苦労することはありません。

私も最初の1~2日は苦労しましたが、その後は比較的すんなりと覚えて行くことができました。
※さまざまな機能があり、いきなりすべてを使いこなす必要はないので、徐々に覚えて行くのが良いかと思います。

※インストールがまだな方はコチラ⇒ https://mangaloid.jp/?p=1178

 

まずは、分からない単語を20~30個ぐらいを調べ上げて、どこかにメモを残しておいて下さい。
簡単ですが、いくつか良く使う項目(単語)を載せておきます。

—————————————————————————-
★「Merge into Scene」➡「フィギュアや服をシーンに読み込む」
┗ ダブルクリックをしても読み込めます
★「Delete 〇〇〇」➡「〇〇〇を削除する」
┗ 一度着せた服を脱がしたい場合に右クリックで削除できます
★「Fit ××× to △△△ 」➡「△△△にXXXをフィットさせる」
┗ 世代が違う服を着せる場合に選択します
★「Materials」➡「テクスチャー等の素材が入ってます」
┗ 目の色や皮膚の色を変更したい場合に使用するフォルダ
★「Shapes」➡ キャラの体系や顔の形等を変形させたい場合に使用します
★「Props」➡ 道具類が入っています
★「Script」➡ プログラム(プラグイン)等が入っています。
—————————————————————————-

その後、ちょっと面倒な作業になりますが、20~30分くらいは、適当にいろいろな機能をひたすら当てずっぽうに試してみると良いと思います。たぶんこれでDazStudioが、だいぶ頭と体に馴染んでくるはずです。

 

ダズスタジオは、インストールしたてのデフォルトの状態ですと、基本フィギュアしか入っていない状況になりますので、多少出費を伴いますが、いくつかのパーツを購入し、それを動かしていく過程でDazsutioの使い方を覚えて行くのも効率的な方法です。

パーツがいくつかあれば、可愛い女の子やカッコイイ男性キャラを、10分後には書き出せているハズなので、やる気も増してくるはずです。
何も着ていない裸の素体キャラをレンダリング(画像の書き出し)を行っても、あまり面白みがないですよね…。

 

dazStudioを始めるにあたり、最初に購入すると理解が格段に早まる…と思われるアイテムを載せておきます。

ここら辺のアイテムを購入すれば、基本的な仕組みを理解する為に必要なアイテムが揃っているので、daz studioの最初の関門を飛び越える手助けになると思います。

最初の段階でアイテムデータが乏しいと、「何かよくわからないけど、大した絵が書きだせないから辞めよう…」となってしまうかと思います。基本的なデータあれば、いろいろと触ってみる中で、DAZの仕組みを挫折せずに理解するコツです。

女性キャラと男性キャラに分けて記載しますので、お好みの方をどうぞ…。

 

【女の子キャラクター】—————————-

▼基本フィギュア

  

▼年齢変化

▼体のモーフ

▼頭のモーフ

▼表情

▼洋服

▼髪の毛

 

【男性キャラクター】—————————-

▼基本フィギュア

 

▼体のモーフ

▼頭のモーフ

▼表情

▼年齢変化

▼洋服

▼髪の毛

後で使いまわしができるように汎用性の高いアイテムばかりを取り揃えてましたので、
女性キャラか男性キャラを購入して、一気にDAZ studioの理解を深めて頂ければと思います。

—————————————————

そこまで進めたら、後は4つのポイントに的を絞って、使い方を覚えて行きましょう。

————————————————————-

1、ポーズのつけ方

2、表情につけ方

3、服の着せ方

4、レンダリングの仕方

————————————————————-

ライトのセッティングはいろいろと難しいのでダズスタジオをマスターしようと思ったら、ライトは後回しにすることが賢明です。
ライトをつけなければ、ひとまずデフォルトの光源が自動的に入るので、比較的きれいにレンダリングができます。
上記の4つをgoogle先生に聞きつつ、一つずつマスターすれば、ひとまずレンダリング画像の出力が可能になります。

 

この段階まで進むことができれば、占めたものです。

あとは、こういったポーズを作りたい、こういう表情を作りたい、
こういうキャラクターを作りたい等々、いろいろな欲求が出てくると思うので、
自分の作りたいイメージを再現する為に、ひとつずつ粘り強く調べては修正し、
調べては修正しを繰り返すのです。

フィギュアをオリジナルキャラクターにしたい場合は、
Shapingのペイン(タブ)で設定を行っていきます。
こちらのページとかを参照してみて下さい。

https://mangaloid.jp/?p=377

 

最初からすべてを覚えて完璧なものを作るのは、まず不可能ですので、
徐々に技術を高めて行くとよいと思います。

いきなり高い水準のレンダリング画像を目指すと、挫折してしまう可能性はかなり高まります。

「もうよく分からん!!!辞めた~!!!」という風にならないようお気をつけ下さい!

 

私は3年間くらいDaz studioを触っておりますが、覚えることはまだまだたくさんあります。
機能や仕組みを理解する度に、書き出されるレンダリング画像は、確実に良くなっていきますので、
なんとか最初の取っつきにくさを乗り越え、DAZ STUDIOライフを楽しみつつ、
イラストやマンガ制作へ、つなげて頂ければと思います。

使い方が分かると、いろいろと楽しいですよ~!

 

※動画も制作してみました。

 

 

大坪 拝

 

Pocket
LINEで送る

関連記事

  1. 【DAZstudio】BOGO PLUS SALE!でお得にアイ…
  2. 【DAZ Studioベンダー】オーストラリアのAprilYSH…
  3. 【DAZ Studio-64bit版】Mac/マックにインストー…
  4. 【コラム】新しいマンガの吹き出しについて考える
  5. 【連載】DAZ STUDIOで可愛い女の子をサクッと作ってみた-…
  6. 【DAZstudio】ホログラムイメージメーカー
  7. 【DAZ STUDIO】Runtime DNAをご紹介
  8. 【Unity】オススメの背景画像のご紹介

3DCGイラスト制作承ります。

カテゴリー記事一覧

おすすめ記事

  1. 【Daz Studio】表情設定を行う場所(方法)
  2. 【DAZstudio】魔法をかけたようなエフェクト「FSL Elements of Magic」
  3. 【コラム】マンガという表現手法の深み
  4. クリエイター+経営者を目指す人必見の本「サイバーコネクトツー」松山洋社長
  5. 【DAZ Studio】さやか先輩
  6. 【DAZ Studio】注目のDAZベンダーSWAM
  7. ICO実施のお知らせ
  8. 【DazStudio】エクゾジャケット
  9. 【インタビュー】野上人明(マンガ原作者)
  10. 【DAZ Studio】背景とキャラクターの合成について
PAGE TOP