コラム

Tough boy – 40代のサビついた大人達よ。 今こそ「北斗の拳2」の トム・キャットを聴け!

Pocket
LINEで送る

 

 

 

今は、世紀末なのかもしれない。

30年振りに、北斗の拳2のトム・キャットを聴いて、
ふとそんな事を思ってしまった。

ではないと、これほど胸がワクワクすることはないハズだ。
尋常じゃないくらい、心が躍って仕方がない。

なぜなんだ??

 

本当の世紀末までは、後80年以上もあるのに、
なんとなく世紀末っぽい雰囲気があるのは、
AIや仮想通貨、量子コンピュータ等々の
新しい時代の幕開けを告げる技術が、
次々と登場しているからかも知れない。

いや、違った…。
独裁者が暴発してしまうか、
大統領が誤った決断をしてしまうと、
本当に核戦争になる可能性があるので、
世紀末感が蔓延しているのかも知れない。

いや、ホントどうなるか分かりませんからね。

という事で、
私と同世代のおじさん達は、
是非、下記を聴いてみて下さい。
メチャクチャ勇気が出ます。

こんなに素晴らしい歌だったっけ?

「タフ・ボーイ、タフ・ボーイ、タフ・ボーイ」って所もカッコいいし、
こんなに盛り上がるサビが2つあるって、
ありそうで、あんまりないよな…。本当に凄い歌です。

トム・キャットは、ホント最高のバンドだったな…。

2曲も代表曲があるって、素晴らしい業績です。
ステキな楽曲、ありがとうございました。

 

 

で、、、それだけど、
このコラムを書こうとは思わなかった。

本当に素晴らしい事に、
「TOUGH BOY」を歌い狂う、
海外の方々の動画が、
ボッコボコと次の画面に表示されるのだ。

同年代の海外の大人たちは、
私が先ほど「TOUGH BOY」を聴いた時の気持ちと
同じ感情でいてくれたのだ。

こんな素晴らしい事があるだろうか?

文化も環境も全く異なる海外の方々と、
30年前の感傷を共有できるなんて。

信じられないが、これは現実だ。

https://www.youtube.com/watch?v=CFYYn3-nBCs

600万部時代の少年ジャンプは、
ホント神がかってたな…。

年末年始、非常に孤独なマンガ制作作業を続けておりますが、
かなりやる気が出まくったので、
同世代の方々におすそ分けしたくなりました。

胸躍らせる方は、私だけではないハズ…。

では。

 

大坪 拝

 

 

Pocket
LINEで送る

関連記事

  1. 【コラム】ICOで3DCG漫画の資金調達をしたい
  2. 自分を成長させる一つの”ぼんやり”とした方程式について
  3. 【コラム】フォトリアル・マンガロイドの背景について
  4. 【コラム】「スマホ漫画、縦スクロールが最強説」と「年末のご挨拶」…
  5. VALUのVAは優待特典がなければ、論理的には資産価値ゼロ
  6. 【コラム】マンガもコツコツ作っています。
  7. 【VALU雑感】VALU運営側の問題を指摘します
  8. 【DAZ Studio】フィリピンでダズスタが人気の件

3DCGイラスト制作承ります。

カテゴリー記事一覧

おすすめ記事

  1. 【Daz Studio/注目の作品】2016年1月のエディターズチョイスです。
  2. 【コラム】マンガという表現手法の深み
  3. 【DAZstudio】DAZのフリーランスの方々を探すサイト
  4. みなもと太郎著「マンガの歴史」が業界人必読である理由
  5. 【Adobe】Fuse CC で出来ること
  6. 【新技術】超簡単に3DCGアニメが作れるCrazyTalk8
  7. 【DAZ Studio】DAZデータをCLIP STUDIO PAINTにインポートする
  8. 【Daz Studio】ライティングをテストしてみた。
  9. 【Daz studio】レンダリング設定のEDITについて
  10. 【DAZstudio】モーションブラーのプラグイン
PAGE TOP