コラム

【コラム】週刊ではなく、週2刊の試み

週2刊
Pocket
LINEで送る

 

漫画は、「少年マガジン」「少年サンデー」の創刊により、1959年に月刊から週刊へ移行しました。

以来半世紀、週刊漫画がマンガ文化の中心を担っています。

読者の立場からすると、週刊でも遅いような気がしています。

子供の頃を思い返しても、次の話が読める翌週まで物凄く長く感じていました。

面白い作品なら、すぐに次の話を読みたい・・・という潜在的なニーズが、確実存在していると思います。

そこで、週2刊というアイデアが出てきます。

 

実際に作業をしていて思うのは、マンガロイド(3DCG)の文化と技術を使えば、それは簡単に実現できる可能性があります。

イメージとしては、ネームは2本分一気に書いてしまって、2日で1話分を作画します。

水曜日と金曜日に配信して、週2刊を実現。

 

「無理だろー」と思われるかもしれませんが、月刊から週刊化するときも、「無理だろー」と思われておりました。

月刊から週刊は4倍の速さを求められますが、週刊から週2刊は、2倍の速さで可能です。

電子書籍配信と3DCGというテクノロジーの力を使えば、実現可能なハズです。

 

2-3年以内に実現できたらいいなぁ・・・。

 

 

 

 

 

 

Pocket
LINEで送る

関連記事

  1. VALUの問題点をズバリ解説:ヒカルがんばれ!
  2. 【コラム】VALUに2日間どっぷりとハマってみた感想と提言
  3. 【コラム】複利と累積進化(選択)とマンガの売上
  4. 【コラム】アイドル?俳優?3DCGキャラクターの分類とその特性
  5. マンガロイド作画の利点(前編)
  6. 【コラム】マストドンは流行るのか?非技術的側面の考察
  7. 大友克洋 ショートピース
  8. 【コラム】「不気味の谷」と「妄想の山」

3DCGイラスト制作承ります。

カテゴリー記事一覧

おすすめ記事

  1. 【DAZstudio】冬のおすすめアイテム
  2. 【Daz Studio】10分でワイルド美青年の顔アップ
  3. 【DAZ Studio】目的のアイテムが見つからない場合
  4. 【3ds Max】モデリング
  5. 【DAZstudio】顔の印象がガラリと変わる眉アイテム
  6. 【3DCGマンガ論:第1回】3DCGキャラと背景の合成
  7. 【Daz Studio】変顔(表情の豊かさ)テスト
  8. 【ダズスタジオ】DAZ studio専門WEBマガジンのご紹介
  9. 【Unity】マンガ背景でUnityが使えるか研究してみた:その2
  10. 【DAZSTUDIO】石野田 妃歩美-エクゾジャケット
PAGE TOP