コラム

【コラム】週刊ではなく、週2刊の試み

週2刊
Pocket
LINEで送る

 

漫画は、「少年マガジン」「少年サンデー」の創刊により、1959年に月刊から週刊へ移行しました。

以来半世紀、週刊漫画がマンガ文化の中心を担っています。

読者の立場からすると、週刊でも遅いような気がしています。

子供の頃を思い返しても、次の話が読める翌週まで物凄く長く感じていました。

面白い作品なら、すぐに次の話を読みたい・・・という潜在的なニーズが、確実存在していると思います。

そこで、週2刊というアイデアが出てきます。

 

実際に作業をしていて思うのは、マンガロイド(3DCG)の文化と技術を使えば、それは簡単に実現できる可能性があります。

イメージとしては、ネームは2本分一気に書いてしまって、2日で1話分を作画します。

水曜日と金曜日に配信して、週2刊を実現。

 

「無理だろー」と思われるかもしれませんが、月刊から週刊化するときも、「無理だろー」と思われておりました。

月刊から週刊は4倍の速さを求められますが、週刊から週2刊は、2倍の速さで可能です。

電子書籍配信と3DCGというテクノロジーの力を使えば、実現可能なハズです。

 

2-3年以内に実現できたらいいなぁ・・・。

 

 

 

 

 

 

Pocket
LINEで送る

関連記事

  1. 【コラム】マンガ制作とレバレッジ
  2. 【VALU雑感】VALU運営側の問題を指摘します
  3. ライトノベルならぬ、ライトマンガの可能性
  4. 【コラム】リーンな作品作りは、ハリウッド大作に勝てるのか?
  5. 【3DCG漫画論:第6回】3DCG漫画でスピード感を演出する方法…
  6. 【コラム】アニメとマンガの境界線について(前編)
  7. 【コラム】世界中でDAZ STUDIOの教室が開かれている件
  8. 【コラム】佐藤秀峰が描く電子書籍の未来

3DCGイラスト制作承ります。

カテゴリー記事一覧

おすすめ記事

  1. 【DAZ STUDIO】Hi-Key Studio Iray
  2. 【Daz Studio】ワイルド美青年をマッチョにしてみた
  3. 【新技術】フェイシャルキャプチャFacerig
  4. 山本おさむ「ぼくたちの疾走」
  5. 【DAZstudio】冬のおすすめアイテム
  6. 「レディ・プレイヤー1」今後100年、この作品を超える映画は登場しない(ネタバレなし)
  7. 【DAZ Studio】さやか先輩
  8. 【DAZstudio】魔法をかけたようなエフェクト「FSL Elements of Magic」
  9. 【Photoshop】ファンタジーの世界を表現する方法
  10. コミPo!で一番おもしろいのは、どの作品なのか?
PAGE TOP