コラム

【コラム】週刊ではなく、週2刊の試み

週2刊
Pocket
LINEで送る

 

漫画は、「少年マガジン」「少年サンデー」の創刊により、1959年に月刊から週刊へ移行しました。

以来半世紀、週刊漫画がマンガ文化の中心を担っています。

読者の立場からすると、週刊でも遅いような気がしています。

子供の頃を思い返しても、次の話が読める翌週まで物凄く長く感じていました。

面白い作品なら、すぐに次の話を読みたい・・・という潜在的なニーズが、確実存在していると思います。

そこで、週2刊というアイデアが出てきます。

 

実際に作業をしていて思うのは、マンガロイド(3DCG)の文化と技術を使えば、それは簡単に実現できる可能性があります。

イメージとしては、ネームは2本分一気に書いてしまって、2日で1話分を作画します。

水曜日と金曜日に配信して、週2刊を実現。

 

「無理だろー」と思われるかもしれませんが、月刊から週刊化するときも、「無理だろー」と思われておりました。

月刊から週刊は4倍の速さを求められますが、週刊から週2刊は、2倍の速さで可能です。

電子書籍配信と3DCGというテクノロジーの力を使えば、実現可能なハズです。

 

2-3年以内に実現できたらいいなぁ・・・。

 

 

 

 

 

 

Pocket
LINEで送る

関連記事

  1. 【コラム】フォトリアル・マンガロイドの背景について
  2. 【コラム】漫画の新しいネーム作成術について考える
  3. つり橋効果より巧妙?!花粉症なりたて効果
  4. (表情は)テクスチャーか、モーフィングか。それが問題だ。
  5. 【コラム】日本人俳優とハリウッド俳優の演技力について
  6. 【コラム】利益を出す目的は、世界で最高のマンガを作る為
  7. 【コラム】拡張型スターシステムの可能性
  8. 【コラム】全ての書籍が有料ブログ化?!アマゾンの読み放題サービス…

3DCGイラスト制作承ります。

カテゴリー記事一覧

おすすめ記事

  1. マンガ on ウェブ 第11号 本日発売
  2. 【DAZSTUDIO】専門雑誌の最新号が出ました。Vol.24
  3. 【DazStudio】シェーダーの調整&テスト
  4. 【DAZ STUDIO】ランジェリー姿の女の子をレンダリングしてみた
  5. 【DAZ studio】髪の毛や小物を左右反転させる方法
  6. DAZ Studioの表情モーフィングの凄さ
  7. 【新技術】背景を自動生成するソフト
  8. 【クリペ+Daz Studio】漫画表現のテスト
  9. 【ダズスタジオ】DAZ studio専門WEBマガジンのご紹介
  10. ソーシャルアシスタントとは?
PAGE TOP