コラム

【コラム】週刊ではなく、週2刊の試み

週2刊
Pocket
LINEで送る

 

漫画は、「少年マガジン」「少年サンデー」の創刊により、1959年に月刊から週刊へ移行しました。

以来半世紀、週刊漫画がマンガ文化の中心を担っています。

読者の立場からすると、週刊でも遅いような気がしています。

子供の頃を思い返しても、次の話が読める翌週まで物凄く長く感じていました。

面白い作品なら、すぐに次の話を読みたい・・・という潜在的なニーズが、確実存在していると思います。

そこで、週2刊というアイデアが出てきます。

 

実際に作業をしていて思うのは、マンガロイド(3DCG)の文化と技術を使えば、それは簡単に実現できる可能性があります。

イメージとしては、ネームは2本分一気に書いてしまって、2日で1話分を作画します。

水曜日と金曜日に配信して、週2刊を実現。

 

「無理だろー」と思われるかもしれませんが、月刊から週刊化するときも、「無理だろー」と思われておりました。

月刊から週刊は4倍の速さを求められますが、週刊から週2刊は、2倍の速さで可能です。

電子書籍配信と3DCGというテクノロジーの力を使えば、実現可能なハズです。

 

2-3年以内に実現できたらいいなぁ・・・。

 

 

 

 

 

 

Pocket
LINEで送る

関連記事

  1. 【コラム】「不気味の谷」と「妄想の山」
  2. 【コラム】VALUに2日間どっぷりとハマってみた感想と提言
  3. 【3DCGマンガ論:第5回】新しいフェードイン・フェードアウト
  4. 【コラム】利益を出す目的は、世界で最高のマンガを作る為
  5. 【コラム】フォトリアル3DCGマンガ論
  6. VALU100年の計:内部で何が起きているのか?
  7. 【コラム】アイドル?俳優?3DCGキャラクターの分類とその特性
  8. 【コラム】リーンな作品作りは、ハリウッド大作に勝てるのか?

3DCGイラスト制作承ります。

カテゴリー記事一覧

おすすめ記事

  1. 【Photoshop】季節を冬に変える方法
  2. Daz Studioで日本人のカワイイキャラクターを作る方法
  3. ”変化”と年末のご挨拶
  4. マストドンとは何なのか?30個サーバを立てて分かった事
  5. 【DAZstudio】おすすめ日本系アイテムの紹介
  6. 【DAZ Studio】注目のDAZベンダーSWAM
  7. 【DAZstudio】破けた服の直し方
  8. 職業 漫画監督
  9. 【ギャラリー/Daz Studio】某匿名作家様の作品
  10. 【DAZSTUDIO】エクゾジャケット-スーツを着せてみた
PAGE TOP