コラム

【コラム】宮崎駿「終わらない人」を観た。

Pocket
LINEで送る

 

 

宮崎駿「終わらない人」を観たました。

宮崎さんのボヤキは、面白くて3回くらい爆笑してしまった。
チャーミングなんだよなぁ…。

 

新作の短編に掛けるこだわりは、凄かったです。
あの徹底した拘りがジブリブランドを作り上げた…ということがよく分かる内容でした。

冒頭のシーンに頭を悩ませ続けるところとか、毛虫の大軍を延々と描き続けるところとか…。
75歳であの調子ですから、以前の宮崎監督はもっと凄かったでしょう。
ファンとしては、多くのスタッフに支えられて制作するクリント・イーストウッド方式に転換して欲しいと思っておりましたが、スタイルが全く違うので難しそうですね。

 

以前3~4回ほどジブリさんとお仕事する機会があったのですが、よい経験を積ませてもらったな…と今更ながら感謝。貴重な体験でした。
鈴木プロデューサーには分厚いステーキのお店に連れていってもらったし、宮崎さんの仕事中の後ろ姿を生で見れたのも貴重だったな…。
多少貢献もできたので、よい思い出。

 

カワンゴとの衝突は仕方がない。
別のロジックで成功した2人の邂逅なので相容れるハズがない。
どちらも正しいと思うので、何とも言えない気分。
なんか意味のない衝突だったな…。

 

あと、急に思い出しました。

社会人数年目のペーペーだった僕が、ジブリの制作局の局長の方に1000円貸してと言われたことが…。
その方が、丁度なかったのか、お財布を忘れた等々の理由でお金がなく、鈴木さんには貸してとはさすがに言えずに、なぜか僕に…。

ほぼ初対面なのと、40前後の方に、20代半ばだった僕が1000円を貸すシチュエーションがなんかコミカルで面白かったです。
分かりにくいかもしれませんが、自分の中ではジブリらしい、、、エピソードです。

 

宮崎監督の新作制作されるのかなぁ…

大坪 拝

Pocket
LINEで送る

関連記事

  1. 【コラム】マンガもコツコツ作っています。
  2. クーマリオン(QUMARION)があると、どの程度ポーズ設定がは…
  3. 自分を成長させる一つの”ぼんやり”とした方程式について
  4. マンガロイド作画の利点(前編)
  5. 【コラム】マンガ制作とレバレッジ
  6. 【コラム】佐藤秀峰が描く電子書籍の未来
  7. 今42才だけど、命があるのはゼロ戦のおかげかもしれない話R…
  8. 【コラム】複利と累積進化(選択)とマンガの売上

3DCGイラスト制作承ります。

カテゴリー記事一覧

おすすめ記事

  1. 【adobe Photoshop】背景を切り抜く3つの方法
  2. 【DAZstudio】オススメhairデータの紹介
  3. 【コラム】拡張型スターシステムの可能性
  4. キンコン西野スピーチの反響→良いから悪いへ変化していた理由
  5. マストドンのサーバを21個立ち上げてみた。
  6. みなもと太郎著「マンガの歴史」が業界人必読である理由
  7. 【Photoshop】HDR加工をテストしてみた。
  8. 【DAZ Studio】背景とキャラクターの合成について
  9. 【ダズスタジオ/ベンダー】アメリカのvalzheimerさん無料アイテムをご紹介
  10. 【インタビュー/Daz Studio(R-18)】カオスさん
PAGE TOP