コラム

【コラム】宮崎駿「終わらない人」を観た。

Pocket
LINEで送る

 

 

宮崎駿「終わらない人」を観たました。

宮崎さんのボヤキは、面白くて3回くらい爆笑してしまった。
チャーミングなんだよなぁ…。

 

新作の短編に掛けるこだわりは、凄かったです。
あの徹底した拘りがジブリブランドを作り上げた…ということがよく分かる内容でした。

冒頭のシーンに頭を悩ませ続けるところとか、毛虫の大軍を延々と描き続けるところとか…。
75歳であの調子ですから、以前の宮崎監督はもっと凄かったでしょう。
ファンとしては、多くのスタッフに支えられて制作するクリント・イーストウッド方式に転換して欲しいと思っておりましたが、スタイルが全く違うので難しそうですね。

 

以前3~4回ほどジブリさんとお仕事する機会があったのですが、よい経験を積ませてもらったな…と今更ながら感謝。貴重な体験でした。
鈴木プロデューサーには分厚いステーキのお店に連れていってもらったし、宮崎さんの仕事中の後ろ姿を生で見れたのも貴重だったな…。
多少貢献もできたので、よい思い出。

 

カワンゴとの衝突は仕方がない。
別のロジックで成功した2人の邂逅なので相容れるハズがない。
どちらも正しいと思うので、何とも言えない気分。
なんか意味のない衝突だったな…。

 

あと、急に思い出しました。

社会人数年目のペーペーだった僕が、ジブリの制作局の局長の方に1000円貸してと言われたことが…。
その方が、丁度なかったのか、お財布を忘れた等々の理由でお金がなく、鈴木さんには貸してとはさすがに言えずに、なぜか僕に…。

ほぼ初対面なのと、40前後の方に、20代半ばだった僕が1000円を貸すシチュエーションがなんかコミカルで面白かったです。
分かりにくいかもしれませんが、自分の中ではジブリらしい、、、エピソードです。

 

宮崎監督の新作制作されるのかなぁ…

大坪 拝

Pocket
LINEで送る

関連記事

  1. マストドンは、今後ブレイクできるのか?可能性を考える。
  2. ソーシャルアシスタントとは?
  3. マンガロイド作画の利点(前編)
  4. 週2刊 【コラム】週刊ではなく、週2刊の試み
  5. VALUの問題点をズバリ解説:ヒカルがんばれ!
  6. 【コラム】アニメとマンガの境界線について(後編)
  7. マストドン人気を定着させる唯一の方法とは?
  8. Tough boy – 40代のサビついた大人達よ。…

3DCGイラスト制作承ります。

カテゴリー記事一覧

おすすめ記事

  1. 3D.SKで人物のテクスチャーをGETしよう。
  2. 山本おさむ「ぼくたちの疾走」
  3. 【コラム】3DCGキャラクターの演技論
  4. ”応力”と年末のご挨拶
  5. 【3ds Max】テクスチャリング
  6. ニール・ブロムカンプ監督 Oats Studios に注目する理由
  7. VRoidマンガ作ってみました。【連載マンガ】
  8. 【DAZ Studio】Environment tabの調整を行う
  9. 【MAYA】リギング
  10. 【インタビュー/Daz Studio】天川和香先生が登場(後編)
PAGE TOP