【3DCGマンガ論:第2回】キャラクターがしゃべる??漫画

 

2回目の「3DCGマンガ論」は、キャラクターをしゃべらせる方法についてです。

フォトリアルな3DCGキャラクターを使った漫画の弱点として、動きが止まって見える…という部分がございます。

 

フィルム・コミックのような動きの止まった漫画表現になってしまうのです。

 

下記のコマをご覧下さい。
kutiwougokasu

このコマの口元を加工すると、このようなコマになります。
kutiwougokasu2

細かな部分ですが、口元に動きを与えた為、しゃべっている雰囲気が出ているかと思います。

今後フォトリアル3DCG漫画では、このような細かな演出(絵が止まっているように見えない配慮)が、重要視されるようになると思います。

大坪 拝

 

※事例に使用したエクゾジャケット11話目は、Web雑誌「マンガ on ウェブ」7号目にて、2016年10月1日初公開します!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Translator »