コラム

【3DCGマンガ論:第2回】キャラクターがしゃべる??漫画

Pocket
LINEで送る

 

2回目の「3DCGマンガ論」は、キャラクターをしゃべらせる方法についてです。

フォトリアルな3DCGキャラクターを使った漫画の弱点として、動きが止まって見える…という部分がございます。

 

フィルム・コミックのような動きの止まった漫画表現になってしまうのです。

 

下記のコマをご覧下さい。
kutiwougokasu

このコマの口元を加工すると、このようなコマになります。
kutiwougokasu2

細かな部分ですが、口元に動きを与えた為、しゃべっている雰囲気が出ているかと思います。

今後フォトリアル3DCG漫画では、このような細かな演出(絵が止まっているように見えない配慮)が、重要視されるようになると思います。

大坪 拝

 

※事例に使用したエクゾジャケット11話目は、Web雑誌「マンガ on ウェブ」7号目にて、2016年10月1日初公開します!

 

 

Pocket
LINEで送る

関連記事

  1. 【コラム】利益を出す目的は、世界で最高のマンガを作る為
  2. VALUの問題点をズバリ解説:ヒカルがんばれ!
  3. 【コラム】日本の3DCG文化は遅れているが…、日本には漫画がある…
  4. 【コラム】漫画の新しいネーム作成術について考える
  5. 【コラム】ガラケーじゃなくて、「ガラ漫」現象
  6. 【コラム】宮崎駿「終わらない人」を観た。
  7. ソーシャルアシスタントとは?
  8. NILUにも上場!VALUに似た?サービスで総資産NO.1になっ…

3DCGイラスト制作承ります。

カテゴリー記事一覧

おすすめ記事

  1. 【コラム】3DCGキャラクターの演技論
  2. Youtuberヒカル氏、VALUの全VA放出問題。
  3. 【DAZ studio】髪の毛や小物を左右反転させる方法
  4. 【DAZ Studio】DAZでアニメを作る方法
  5. 【連載】DAZ STUDIOで可愛い女の子-3(ハーフの子編)
  6. 【注目の作品】3DCGのリアルなおっさん
  7. 【adobe / Photoshop】写真をマンガの背景っぽくしてみたら超楽しいwwwww
  8. 【コラム】アイドル?俳優?3DCGキャラクターの分類とその特性
  9. 【DAZstudio】DAZのフリーランスの方々を探すサイト
  10. 【Unity】オススメの背景画像のご紹介
PAGE TOP