コラム

【3DCGマンガ論:第2回】キャラクターがしゃべる??漫画

Pocket
LINEで送る

 

2回目の「3DCGマンガ論」は、キャラクターをしゃべらせる方法についてです。

フォトリアルな3DCGキャラクターを使った漫画の弱点として、動きが止まって見える…という部分がございます。

 

フィルム・コミックのような動きの止まった漫画表現になってしまうのです。

 

下記のコマをご覧下さい。
kutiwougokasu

このコマの口元を加工すると、このようなコマになります。
kutiwougokasu2

細かな部分ですが、口元に動きを与えた為、しゃべっている雰囲気が出ているかと思います。

今後フォトリアル3DCG漫画では、このような細かな演出(絵が止まっているように見えない配慮)が、重要視されるようになると思います。

大坪 拝

 

※事例に使用したエクゾジャケット11話目は、Web雑誌「マンガ on ウェブ」7号目にて、2016年10月1日初公開します!

 

 

Pocket
LINEで送る

関連記事

  1. ”応力”と年末のご挨拶
  2. 【コラム】日本人俳優とハリウッド俳優の演技力について
  3. 【コラム】全ての書籍が有料ブログ化?!アマゾンの読み放題サービス…
  4. 【コラム】利益を出す目的は、世界で最高のマンガを作る為
  5. 【コラム】小規模マストドンをローコストで運用するコツ
  6. 職業 漫画監督
  7. 【3DCGマンガ論:第1回】3DCGキャラと背景の合成
  8. 【VALU雑感】VALU運営側の問題を指摘します

3DCGイラスト制作承ります。

カテゴリー記事一覧

おすすめ記事

  1. 【DAZ Studio】さやか先輩
  2. 【Daz Studio】解説本をご紹介
  3. 【DAZ studio/ダズスタ】肌の質感(トーン)の調整をいろいろ行ってみた。
  4. 【3DCG漫画論:第6回】3DCG漫画でスピード感を演出する方法
  5. 【DAZ Studio】iclone6との連動によるアニメーション
  6. 【3ds Max】リギング
  7. DAZ Studioの表情モーフィングの凄さ
  8. CGWORLDで3DCG漫画「童貞通貨」の記事が掲載されました!
  9. 【DAZstudio】アクセサリーの身に着け方・調整・固定方法
  10. 【コラム】世界中でDAZ STUDIOの教室が開かれている件
PAGE TOP