コラム

【3DCGマンガ論:第1回】3DCGキャラと背景の合成

Pocket
LINEで送る

 

予告通り、今回から何回かに渡って、3DCGマンガ論(3Dマンガ論)を書いてみたいと思います。

まず最初に取り上げるテーマは、フォトリアルな3DCGキャラクターと、背景の合成についてです。

 

下記のコマをご覧下さい。加工前のものです。
haikeibokasi

 

こちらが加工後のコマ↓
haikeibokasi2

赤丸部分をぼかすことで、人物に動きを与え、背景に馴染ませることができました。

ぼかしを入れないと、人物の張り付いている感が強調されてしまいます。

細かな部分ですが、このような地道な演出は、フォトリアル・3DCG漫画(3D漫画)において、今後必須になると思います。

という事で、簡単ではございますが、第1回目はこのdaz辺で…。

大坪 拝

D

Pocket
LINEで送る

関連記事

  1. 【コラム】ガラケーじゃなくて、「ガラ漫」現象
  2. 【コラム】3DCGキャラクターの演技論
  3. 【コラム】売れるマンガを作る
  4. 【コラム】「不気味の谷」と「妄想の山」
  5. 【コラム】マンガ制作とレバレッジ
  6. 【3DCG漫画論:第6回】3DCG漫画でスピード感を演出する方法…
  7. 職業 漫画監督
  8. みなもと太郎著「マンガの歴史」が業界人必読である理由

3DCGイラスト制作承ります。

カテゴリー記事一覧

おすすめ記事

  1. マンガ on ウェブ 第11号 本日発売
  2. 【インタビュー】野上人明(マンガ原作者)
  3. 【DAZstudio】舌を出す方法
  4. Tough boy – 40代のサビついた大人達よ。 今こそ「北斗の拳2」の トム・キャットを聴け!
  5. 【コラム】動画でマンガをBUZZらせる試み
  6. マンガロイドで大金を稼げ!vol.2が600円→50円へ値下げ!
  7. 【コラム】売れるマンガを作る
  8. 【コラム】拡張型スターシステムの可能性
  9. 【DAZstudio】冬のおすすめアイテム
  10. 【Daz Studio】汗だくな女性を作ってみた。
PAGE TOP