コラム

【コラム】俳優が年を取らない時代の到来

Pocket
LINEで送る

 

あと5~6年は時間が掛かる思っておりましたが、俳優が年を取らない時代がもう到来しておりました。

下記のコラムの中で、

【コラム】拡張型スターシステムの可能性

もう少し長い時間軸で考えた場合、実写と3DCGとの見分けがつかなくなって来る時代もそう遠くない時期に訪れるであろう技術的な萌芽も散見されますので、幼少期のシーンは、3DCGで処理する・・・という映画もいずれ出現すると思います。

と書いたのですが、シュワちゃんの若かりし頃の姿を、完全に3DCGで再現しています。

一見するとT-800のシーンは、1作目のデジタルリマスタリングかな・・・と思ってしまいますが、もう人間かCGかほぼ分からない領域に来ています。

凄すぎる・・・。

 

ということで、今後(ハリウッド)俳優は、幼少期から老年期までのデータを3DCGで再現できるようになりましたので、幼少期を別の子役が演じる必要がなくなりました。

ここ5-6年で、世界中の情報が一晩で共有される時代に入ったと思うのですが、10年前と比べると、技術革新の速度が恐ろしく早くなっているような気がします。

3DCG漫画もアッという間に普及するでしょう。DAZがアメリカのソフトということもあるので、海外からの進化も相乗的に影響を及ぼすと思います・・・。

 

 

Pocket
LINEで送る

関連記事

  1. 【DAZ STUDIO】Runtime DNAをご紹介
  2. 【3DCGマンガ論:第2回】キャラクターがしゃべる??漫画
  3. ”変化”と年末のご挨拶
  4. 「レディ・プレイヤー1」今後100年、この作品を超える映画は登場…
  5. 【お知らせ】エクゾジャケット第12話が2017年1月1日に公開
  6. 【DAZstudio】DAZのフリーランスの方々を探すサイト
  7. 山本おさむ「ぼくたちの疾走」
  8. つり橋効果より巧妙?!花粉症なりたて効果

3DCGイラスト制作承ります。

カテゴリー記事一覧

おすすめ記事

  1. 【DAZstudio】ホログラムイメージメーカー
  2. 【Daz Studio/ダズスタジオ】女の戦士を作ってみた
  3. 若いDAZユーザーが、MAYAや3dsMaxを使うべき理由
  4. 【コラム】拡張型スターシステムの可能性
  5. 【3DCGマンガ論:第5回】新しいフェードイン・フェードアウト
  6. amazon Kindle インディーズマンガで上位20位に入選
  7. 【Photoshop】フォトショップで炎の効果をつける
  8. 【daz studio/使い方】学び方のコツと、仕組みを理解する為に最初に購入したいDAZSTUDIOアイテムと制作事例(追記更新)
  9. VALUの問題点をズバリ解説:ヒカルがんばれ!
  10. ライトノベルならぬ、ライトマンガの可能性
PAGE TOP