コラム

【コラム】アイドル?俳優?3DCGキャラクターの分類とその特性

最近テレビでドラマなんかを見ていると、
実にいろいろなバックボーンを持った方々が
出演しています。アイドルだったり、歌舞伎役者であったり、モデルであったり、
イラストレーターであったり、もちろん俳優さんも・・・。そこでふと考えるのですが、
アイドルと俳優の境界線は、一体どこにあるのか・・・・?アイドルは、普段は歌を歌っていて、人気が出てくれば
テレビドラマや映画にも出演します。

俳優は、テレビドラマや映画や舞台等に出演することがメインの活動です。
両者の違いを単純に分類すると、本業で演技を行っているか、
兼業で演技を行っているかの違いになるのではないかと思います。

3Dキャラクターも現時点では明確な分類や定義が存在していませんが、
”アイドル””俳優”の分け方と、同じような分類ができるのではないかと
最近思っています。

例えばMMDキャラクターは、表情のモーフ設定のパラメーターが少ない為、
ウインクや笑顔といったアイドル的な表情を作る事ができるのですが、
演技を行う為に必要十分なモーフ設定を持っていません。

その為、MMDの動画を見てても感じるのですが、
どこか表現力がなく表情も乏しくなってしまっています。

3DCGソフトの六角大王は、
元々持っているモーフ設定がかなり豊富で、
泣いたり笑ったり、大笑いしたり叫んだりする事が可能で、

かなりの演技を行わせる事が可能です。
※DAZ STUDIOなんかは、もっと多くのモーフ設定を持っています。

ですので、3DCGがあった場合に、

モーフ設定が少ないキャラクターは、

従来通りMMDモデル(キャラクター)でいいと思うのですが、

演技を行わせる事ができるまでのモーフ設定を持った3DCGキャラクターは、
別の名称が必要になってくると思います。

そこでこれは僕の勝手な提案になりますが、
”3D俳優”というのはどうでしょうか・・・?

直球過ぎまですかね・・・・・。

言葉だけで、3Dデータの俳優なんだなと分かるので、
こんな感じの名称が良いように思います。

10年後には、無数の3D俳優が生み出されていると思いますので、
マンガロイド漫画を作ろうと思ったときに、
キャラクターを自分でモデリングするのではなく、
オーディションをして漫画に出演してもらう
3D俳優を選ぶ・・・なんていう時代も、意外と早く来るのではないかと思います。

キャラクターのモデリングの超うまい人が、
3Dキャラクターの芸能事務所を開設する・・・といった
動きも出てくると思います。

3DCGイラスト制作承ります。

カテゴリー記事一覧

おすすめ記事

  1. 【adobe Photoshop】背景を切り抜く3つの方法
  2. 【DAZ Studio】フィリピンでダズスタが人気の件
  3. 【コラム】佐藤秀峰が描く電子書籍の未来
  4. 【ギャラリー/Daz Studio】某匿名作家様の作品
  5. 【Unity】マンガ背景でUnityが使えるか研究してみた:その2
  6. 【インタビュー】野上人明(マンガ原作者)
  7. 【コラム】オザケン復活と30年笑顔
  8. マンガロイド作画の利点(前編)
  9. 【Adobe】Photshopで画像に動きをつける方法
  10. 六角大王でどこまでの漫画が作れるのか?
PAGE TOP
Language Translator (Chrome) »