コラム

【コラム】動画でマンガをBUZZらせる試み

Pocket
LINEで送る

 

 

2013年から2014年は、動画でマンガをBUZZらせることを試みておりました。

 

2つの動画合計で、200万回以上の再生をされたので、まずまずの広がり方をしたのですが、400万~500万回再生くらいは行くかな・・・と予想しておりましたので、なかなか厳しいなと思っておりました。

メディアへの出演実績としては、「トレンドたまごに出演」「キムタク・安住アナと共演」「ダウンタウンと共演」「NHKスペシャルに出演」「GoogleのCMに出演」「ロケットニュース24記事」「ねとらぼ記事」等々の結果を残しております。

 

ネクストワールドダウンタウントレンドタマゴ

GoogleのCMに出演

 

 

だいぶ落ち着いてきたかな・・・と思っていところ、1週間前にFACEBOOK上で、Jrock Radio さんが2年半前に制作した動画を紹介してくれて、1週間で50万回再生もされることになりました。FACEBOOK上でのシェアが5000件以上。なかなかの反響です。

企画のクオリティを厳しくコントロールすれば、公開してから2年半後でもBuzzるんだな…と。

見ていない人がいる限り、定期的にこのような反響があるのであれば、5年くらいのスパンで考えて、動画によるプロモーションもまだまだ機能するなと思った次第です。作るの結構大変なので、反響がないとなかなか作りづらいのです…。

 

海外向けを極端に意識して作った動画だったのですが、コメントみると狙い通り結構笑って頂けているようなので、ホッとしております。比較的オーソドックスな笑いに徹したので、それが功をそうしたようです。

 

Japan Exo-Skeleton MK3

Jrock Radioさんの投稿 2016年1月12日火曜日

海外の方の反響は、上記の動画をたどれば見れますので、お時間のある方はご確認頂ければ幸いです。

大坪 拝

 

【企画/プロデュース】大坪商介

【監督】 田中聡

 

 

Pocket
LINEで送る

関連記事

  1. 職業 漫画監督
  2. 【コラム】「スマホ漫画、縦スクロールが最強説」と「年末のご挨拶」…
  3. VALU100年の計:内部で何が起きているのか?
  4. 【コラム】マストドンは流行るのか?非技術的側面の考察
  5. 【コラム】オザケン復活と30年笑顔
  6. ”応力”と年末のご挨拶
  7. 【コラム】マンガを技術革新でアップデートする
  8. 【コラム】宮崎駿「終わらない人」を観た。

3DCGイラスト制作承ります。

カテゴリー記事一覧

おすすめ記事

  1. 【コラム】佐藤秀峰が描く電子書籍の未来
  2. 【Adobe】Dimension CCで出来ること
  3. 【DAZ Studio】iclone6との連動によるアニメーション
  4. 【DASstudio】オススメposeデータまとめ
  5. 【DAZ STUDIO】Runtime DNAをご紹介
  6. 【Daz Studio】10分でワイルド美青年を作ってみた。
  7. 【コラム】アニメとマンガの境界線について(前編)
  8. マンガ on ウェブ 第11号 本日発売
  9. 【Daz Studio】ライティングをテストしてみた。
  10. 【3DCGマンガ論:第5回】新しいフェードイン・フェードアウト
PAGE TOP