コラム

【コラム】動画でマンガをBUZZらせる試み

Pocket
LINEで送る

 

 

2013年から2014年は、動画でマンガをBUZZらせることを試みておりました。

 

2つの動画合計で、200万回以上の再生をされたので、まずまずの広がり方をしたのですが、400万~500万回再生くらいは行くかな・・・と予想しておりましたので、なかなか厳しいなと思っておりました。

メディアへの出演実績としては、「トレンドたまごに出演」「キムタク・安住アナと共演」「ダウンタウンと共演」「NHKスペシャルに出演」「GoogleのCMに出演」「ロケットニュース24記事」「ねとらぼ記事」等々の結果を残しております。

 

ネクストワールドダウンタウントレンドタマゴ

GoogleのCMに出演

 

 

だいぶ落ち着いてきたかな・・・と思っていところ、1週間前にFACEBOOK上で、Jrock Radio さんが2年半前に制作した動画を紹介してくれて、1週間で50万回再生もされることになりました。FACEBOOK上でのシェアが5000件以上。なかなかの反響です。

企画のクオリティを厳しくコントロールすれば、公開してから2年半後でもBuzzるんだな…と。

見ていない人がいる限り、定期的にこのような反響があるのであれば、5年くらいのスパンで考えて、動画によるプロモーションもまだまだ機能するなと思った次第です。作るの結構大変なので、反響がないとなかなか作りづらいのです…。

 

海外向けを極端に意識して作った動画だったのですが、コメントみると狙い通り結構笑って頂けているようなので、ホッとしております。比較的オーソドックスな笑いに徹したので、それが功をそうしたようです。

 

Japan Exo-Skeleton MK3

Jrock Radioさんの投稿 2016年1月12日火曜日

海外の方の反響は、上記の動画をたどれば見れますので、お時間のある方はご確認頂ければ幸いです。

大坪 拝

 

【企画/プロデュース】大坪商介

【監督】 田中聡

 

 

Pocket
LINEで送る

関連記事

  1. 【コラム】俳優が年を取らない時代の到来
  2. 【コラム】オザケン復活と30年笑顔
  3. 大友克洋 ショートピース
  4. 【3DCGマンガ論:第2回】キャラクターがしゃべる??漫画
  5. 【3DCG漫画論:第6回】3DCG漫画でスピード感を演出する方法…
  6. 【コラム】アニメとマンガの境界線について(後編)
  7. 西野亮廣エンタメ研究所の投稿をマンガ化とマンガチューバー
  8. 【コラム】宮崎駿「終わらない人」を観た。

3DCGイラスト制作承ります。

カテゴリー記事一覧

おすすめ記事

  1. 【Photoshop】リアルな水滴を描く方法
  2. 【DASstudio】オススメposeデータまとめ
  3. 大友克洋 ショートピース
  4. エクゾジャケット第13話-マンガ on ウェブに掲載!
  5. 【DAZ STUDIO】セクシーな女性について考える
  6. 花粉症でボロボロです…マンガ
  7. 自由度の高いポーズ設定ツール
  8. VALUの問題点をズバリ解説:ヒカルがんばれ!
  9. 日本初の漫画マストドン始めますよ~!
  10. 【DazStudio】あるアイデアのテストです。
PAGE TOP