コラム

西野亮廣エンタメ研究所の投稿をマンガ化とマンガチューバー

Pocket
LINEで送る

 

昨日、急遽Daz studioとクリスタで制作したマンガが、キングコング西野さんのブログで紹介されました~!

詳しくはキンコン西野さんのブログを見てみて下さい~。

https://ameblo.jp/nishino-akihiro/entry-12435811472.html

一日掛けて、頑張って作った甲斐がありました~。

 

制作したマンガはYoutubeですぐに公開したのですが、これにはいろいろとありまして・・・・。

YouTube上だと、マンガとアニメの中間領域のコンテンツが公開可能になるので、少しリッチなコンテンツを作ることが可能です。今後10年を踏まえるとマンガ配信のプラットフォームとしてYoutubeが主戦場になるな~と予測しています。

ちょっと意外だったのが、Youtubeにアップした昨日のマンガを、キンコン西野さんがアニメと呼んでいたことです。
動いていない画像の組み合わせでも、動画化することで、アニメーション的な見え方になるんだなぁと思った次第です。

ここには大きなチャンスがあるかも知れません。3DCGでマンガを作っているので、部分的にアニメーション化することも容易ですし、、ちょっと手間を掛ければ、声優さんのアテレコを入れることも可能です。

ということで、YouTube上での活動は、マンガチューバー大坪として、活動していこうと思っております。

マンガチューバーとググっても、まだ誰も名乗っていない状況なので、まだまだ馴染みがないと思いますが、5年後には一般的な呼称になっているような気がします。

ということで、よろしくお願い致します。

大坪 拝

 

Pocket
LINEで送る

関連記事

  1. 【3DCGマンガ論:第4回】スマホネイティブな縦コマ漫画
  2. 今42才だけど、命があるのはゼロ戦のおかげかもしれない話R…
  3. マンガロイド作画の利点(前編)
  4. 「Ghost in the shell」本気のクリエイターなら必…
  5. 【コラム】アニメとマンガの境界線について(後編)
  6. 【コラム】拡張型スターシステムの可能性
  7. Tough boy – 40代のサビついた大人達よ。…
  8. 【コラム】マンガもコツコツ作っています。

3DCGイラスト制作承ります。

カテゴリー記事一覧

おすすめ記事

  1. 【DAZSTUDIO】エクゾジャケット-フォトリアル
  2. 年末のご挨拶
  3. 【Daz Studio】髪の毛(hair)の色が変更できない問題
  4. 「マンガ声優」と「漫画家声優」と「これからのマンガ業界」
  5. 【コラム】世界中でDAZ STUDIOの教室が開かれている件
  6. 【コラム】3DCGキャラクターの演技論
  7. 【DAZ Studio】DAZでアニメを作る方法
  8. 【DAZstudio】おすすめ日本系アイテムの紹介
  9. 【Life is…】もう一人の登場人物
  10. マストドン・エバンジェリスト宣言
PAGE TOP