コラム

西野亮廣エンタメ研究所の投稿をマンガ化とマンガチューバー

 

昨日、急遽Daz studioとクリスタで制作したマンガが、キングコング西野さんのブログで紹介されました~!

詳しくはキンコン西野さんのブログを見てみて下さい~。

https://ameblo.jp/nishino-akihiro/entry-12435811472.html

一日掛けて、頑張って作った甲斐がありました~。

 

制作したマンガはYoutubeですぐに公開したのですが、これにはいろいろとありまして・・・・。

YouTube上だと、マンガとアニメの中間領域のコンテンツが公開可能になるので、少しリッチなコンテンツを作ることが可能です。今後10年を踏まえるとマンガ配信のプラットフォームとしてYoutubeが主戦場になるな~と予測しています。

ちょっと意外だったのが、Youtubeにアップした昨日のマンガを、キンコン西野さんがアニメと呼んでいたことです。
動いていない画像の組み合わせでも、動画化することで、アニメーション的な見え方になるんだなぁと思った次第です。

ここには大きなチャンスがあるかも知れません。3DCGでマンガを作っているので、部分的にアニメーション化することも容易ですし、、ちょっと手間を掛ければ、声優さんのアテレコを入れることも可能です。

ということで、YouTube上での活動は、マンガチューバー大坪として、活動していこうと思っております。

マンガチューバーとググっても、まだ誰も名乗っていない状況なので、まだまだ馴染みがないと思いますが、5年後には一般的な呼称になっているような気がします。

ということで、よろしくお願い致します。

大坪 拝

 

  1. ウォータークローゼットストーリー

3DCGイラスト制作承ります。

カテゴリー記事一覧

おすすめ記事

  1. 【コラム】ニッポン戦後サブカルチャー史lllを見た
  2. 【Daz Studio】汗だくな女性を作ってみた。
  3. 【Daz Studio】オリジナルキャラクターを作成する方法
  4. 漫画「月給100万を達成したエミの英断」
  5. アメリカの3DCGマンガ
  6. 【3ds Max】テクスチャリング
  7. 「空からのぞいた桃太郎」を読ませれば天才が生まれる
  8. 3D.SKで人物のテクスチャーをGETしよう。
  9. 【コラム】リーンな作品作りは、ハリウッド大作に勝てるのか?
  10. マストドンのサーバを21個立ち上げてみた。
PAGE TOP
Language Translator (Chrome) »