コラム

山本おさむ「ぼくたちの疾走」

Pocket
LINEで送る

個人的には、1980年代の3本の指に入るといっても過言ではない名作漫画が「ぼくたちの疾走」です。

 

二十歳の頃に読んだのですが、1話目のクオリティーには打ちのめされました。

 

この作品に匹敵する連載作品第一話は、なかなかお目に掛かれません。
すぐに思いつく範囲で、このクオリティーと肩を並べるような連載第1話目は、佐藤秀峰先生の「描クえもん」くらいなような気がします。
第一話としてのアイデア、切り口、ワクワク感、リズム、構成等々が完璧なのです。

 

作者の山本おさむ先生の漫画は、比較的テーマが重いタイトルが多いのですが、その中でも「ぼくたちの疾走」は青春を題材にしており、貴重な作品です。

 

当時は、どの雑誌に連載されていたのかは全く気にせずに読んでいたので、今知りましたが、前回ご紹介した「ボーダー」と同じ「漫画アクション」に連載されていたのですね。

 

となると、これはアレです。作品を選ぶ側の編集者に、超優秀者な方がいたということです。そうするとその影響力が周りに伝播しますので、数名の優秀な編集者が当時いたであろうことが容易に推測できます。1980年代の漫画アクション編集部はヤバイ…ということですね。wikiみると1970年代もヤバそうですが….。

だから、あのXXXのようなXXXができたのか。今、点と点が結びついて線になりました。

※XXXは伏せ字ですみません!

大坪 拝

Pocket
LINEで送る

関連記事

  1. 【コラム】漫画の新しいネーム作成術について考える
  2. 【3DCGマンガ論:第1回】3DCGキャラと背景の合成
  3. つり橋効果より巧妙?!花粉症なりたて効果
  4. 【コラム】ニッポン戦後サブカルチャー史lllを見た
  5. 【3DCGマンガ論:第4回】スマホネイティブな縦コマ漫画
  6. 今42才だけど、命があるのはゼロ戦のおかげかもしれない話R…
  7. VALUの問題点をズバリ解説:ヒカルがんばれ!
  8. みなもと太郎著「マンガの歴史」が業界人必読である理由

3DCGイラスト制作承ります。

カテゴリー記事一覧

おすすめ記事

  1. マストドン・エバンジェリスト宣言
  2. 【Daz Studio】汗だくな女性を作ってみた。
  3. 【DAZstudio】舌を出す方法
  4. さよなら「ゲームラボ」さよなら「教えて!!おたく兄さん」
  5. 【daz Studio/基本】学び方のコツと、仕組みを理解する為に最初に購入したいDAZSTUDIOアイテム
  6. 【Photoshop】ファンタジーの世界を表現する方法
  7. 「Ghost in the shell」本気のクリエイターなら必見の映画
  8. 【DAZstudio】破けた服の直し方
  9. 【DAZstudio】おすすめ表情のまとめ
  10. 【DAZ Studio】イギリスの無料アイテムサイト
PAGE TOP