コラム

「レディ・プレイヤー1」今後100年、この作品を超える映画は登場しない(ネタバレなし)

Pocket
LINEで送る

 

昨日、ついに「レディ・プレイヤー1」を見ました。
スピルバーグ監督は、やはりというか、当然というか史上最高の映画監督です。

今後100年は、この作品を超える映画は登場しないと思います。

人それぞれ、”映画”とはこういうものだ!というモヤッとした定義が存在すると思います。
僕が子供の頃から思っていた、そして今も変わらない、映画とはこういうものだという定義を、
ド直球で貫き、そしてそれを遥かに超えたエンターテイメント大作となっているのです。

僕の生涯No.1映画は、昨日確定しました。
「レディ・プレイヤー1」です。

他にも大好きな作品は多数あるのですが、総合力で圧倒的にNo.1です。

あまりに凄すぎたので、変な例えでしか表現できませんが、
例えば、僕が100億円の資産を持っていたとしたら、1億円出して見ても惜しくない作品です。

もしくは、300年後に、完全に人工知能だけで制作されたエンターテイメント映画は、
「レディ・プレイヤー1」のような作品になると思うのです。
人知を超えています。
300年後に人工知能だけで作った人間をダメにする映画、それが「レディ・プレイヤー1」です。

とにかく凄い。

どのような点においてそのように感じたのかは、
さまざまな評価の軸がありますが、書きたくありません。

予告編も見ない方がいい。

とにかく今からすぐに家を出て劇場に向かい、
何も予備知識を入れずに見るべきです。

劇場で見る価値が、これほどある作品も滅多にないでしょう。
GW中に絶対に行くべき作品です。
いや、、今からすべての予定をキャンセルして、
最優先で見るべき作品です。

「レディ・プレイヤー1」は、人類が到達した究極の映画作品だからです。

腹が減っていても、トイレに行きたくても、とにかく劇場に向かうべきです。
この映画を見る機会を逸するなら、ウンコ漏らした方がまだマシです。

はぁ、、、、それにして、何なんだよ。この映画。

凄すぎるにも程があるだろ!
スピルバーグ!

これが映画だ!!!!

 

大坪 拝

 

Pocket
LINEで送る

関連記事

  1. Tough boy – 40代のサビついた大人達よ。…
  2. 山本おさむ「ぼくたちの疾走」
  3. 【コラム】マンガを技術革新でアップデートする
  4. 【コラム】マストドンは流行るのか?非技術的側面の考察
  5. ”応力”と年末のご挨拶
  6. 【コラム】アイドル?俳優?3DCGキャラクターの分類とその特性
  7. 【3DCGマンガ論:第1回】3DCGキャラと背景の合成
  8. 【コラム】拡張型スターシステムの可能性

3DCGイラスト制作承ります。

カテゴリー記事一覧

おすすめ記事

  1. 【DAZ Studioベンダー】オーストラリアのAprilYSHさん(無料の目あるよ)
  2. Kindleアンリミテッド化!漫画「エクゾジャケット」グラビア付
  3. Youtuberヒカル氏、VALUの全VA放出問題。
  4. 【Adobe】Photshopで画像に動きをつける方法
  5. 【注目の作品/Daz Studio】2015年の注目作品をさらに公開!
  6. ”応力”と年末のご挨拶
  7. ICO実施のお知らせ
  8. 【ニュース】ロシアでも人気!DAZ Studio
  9. 【DAZstudio】乗り物系アイテムまとめ
  10. 【DAZSTUDIO】エクゾジャケット-果心 一二三
PAGE TOP