【DAZstudio】環境マップで簡単に光の調整をする方法

今回は、環境マップを設定して、光の調整(影の方向・明るさ)をしてみたいと思います。

屋外の設定であれば、新たにスポットライトを設置せずに、
デフォルトの環境マップの設定から、少し数値を変えるだけで、
簡単にライティングの設定が出来るので、覚えておくと便利です。

パラメーターをみると、デフォルトの設定が日本ではないようなので、
分かりやすいように、日本の設定に変更しておくのがオススメです。

設定を変更する際には、
モードをSun-Skyに変更すると、
下記の項目が出てきます。

SS Latitude(緯度)
SS Longtitude(経度)
SS DAY(日付)
SS Time(時間)
SS UTC Offset(協定世界時)

 

デフォルトの設定と比較したレンダリング画像がこちらになります。

デフォルト 日本の緯度経度時刻設定

全体的に明るくなりました。

レンダリングをしつつ、パラメーターを設定すると、
時間が掛かってしまうので、表示設定を「NVDIA Iray」にすると、
動作が重くなってしまいますが、実際のレンダリングイメージを確認しながら作業が出来ます。

 

1、2時間時間を変更するだけでも、かなり雰囲気が変わってきます。

【15:00の設定イメージ】

【17:00の設定イメージ】

 

ライトの設定は複雑なイメージがあるかもしれませんが、
このような簡単な指定方法もあるので、試してみてはいかがでしょうか?

 

 

 

 

【DazStudio】Environment Domeの設定

 

 

 

Translator »