コラム

【コラム】売れるマンガを作る

Pocket
LINEで送る

 

 

先程、某漫画家先生のニコ生を見ていたのですが、連載漫画のアンケート結果が悪いことを悩まれておりました。

編集の方から、セクロスのシーンを出せば良い…というお話もあったようですが、そんなに単純な問題ではないと思います。

セクロスであれば、AVには敵いません。

 

 

どうすれば作品を売ることができるのか?

検討すべき項目は何なのか?

 

 

————————————————————————————

■商業性・・・読者が読みたいと思うものを作れなければ、作品はすぐに終わります。

■作家性・・・単なるエロでは、読者に見透かされてしまいます。アイデアや、圧倒的なクオリティが必要です。

■技術力・・・マンガを作るノウハウや技術

■商売の力・・・先を読む力、理念、戦略、現場、資金、コスト、執念、政治力、総合力

■マーケティングセンス・・・どの方向性の作品を作れば良いのか?

■フィードバック・・・アンケート?KPI?PDCA?親族?

■プロモーション・・・宣伝をどうすればいいのか?作家は表に出るべきか?出ないべきか?

■公開場所・・・紙?WEB?スマホ?海外?アプリ?iphone?android?

■課金・・・一部無料?全部無料?全部有料?

■メディアミックス・・・アニメ?ゲーム?玩具?テレビドラマ?

————————————————————————————

これからは、これらすべてについて造詣を深める必要があります。

 

 

それぞれさらにブレイクダウンすることは重要です。

ただそれを行うだけでは、多くの方に読ませることは、かなり難しいと思います。

重要なポイントは他にあります。売れるマンガ家は、上記を知らなくても人気作品を売れます。

ここが物凄く難しいところです。

 

ストーリーに起伏がなくても細部の表現だけで圧倒的に面白い作品もありますし、細部の表現は稚拙でもストーリー展開やキャラクターだけで引っ張れる作品もあります。高い視点を持って、ストーリー形式の表現への造形を深める必要があります。

 

 

 

ここ数年、スマホのアプリを中心に無数の作品が公開されるようになりました。

今の漫画業界は、半世紀に1度くらいの大きな変革の時期にきていると思います。

 

変革期には必ず新たなチャンスが生まれます。

 

 

銃口を頭に突き付けられた状態で判断を下しているかどうか…。

 

プロの世界なので、売れなければ、退場するしかないのです。

 

 

Pocket
LINEで送る

関連記事

  1. 【3DCGマンガ論:第5回】新しいフェードイン・フェードアウト
  2. 【コラム】世界中でDAZ STUDIOの教室が開かれている件
  3. ATPU(アトプ)から予測するマストドンの持続可能性
  4. 週2刊 【コラム】週刊ではなく、週2刊の試み
  5. 山本おさむ「ぼくたちの疾走」
  6. 【コラム】漫画の新しいネーム作成術について考える
  7. VALU100年の計:内部で何が起きているのか?
  8. マストドン人気を定着させる唯一の方法とは?

カテゴリー記事一覧

おすすめ記事

  1. Christmas Time Is Here
  2. 【注目の作品】マンガ on ウェブ4号目に掲載されました!
  3. 【adobe / Photoshop】写真をマンガの背景っぽくしてみたら超楽しいwwwww
  4. 【DAZ Studioベンダー】Zeddicussさん(セクシーポーズを無料でダウンロード)
  5. 【VALU雑感】VALU運営側の問題を指摘します
  6. 自由度の高いポーズ設定ツール
  7. 【連載】DAZ STUDIOで可愛い女の子(10分制作編)
  8. 【DazStudio】Environment Domeの設定
  9. UnityとDAZ STUDIOの連携方法
  10. 【DAZ Studioベンダー】オーストラリアのAprilYSHさん(無料の目あるよ)
PAGE TOP