ニュース/新技術

ICO実施のお知らせ

Pocket
LINEで送る

 

 

本日、ICOを実施致しました。

独自トークンのセールなので、ICOの定義に該当しているとは思います。

 

仮想通貨の名称は、「STORYCOIN / ストーリーコイン」。

 

セール価格は、0.002BTC=約1000円が、
1 STORY COINに換算されます(2017/9/4のレート換算)。

10 STORY COINを所有すると、1万円?!!高い・・・?!!
1000 STORYCOINだと100万円?!

※お値段が高い理由は、文末で…。

 

以下、プロジェクトの概要です。

3DCGによって日本のコンテンツ産業を盛り上げるプロジェクトです。

ストーリーコインで、物語性のある、映画・アニメ・マンガ・小説・GAME・VR・MR作品を購入できるようにしたいなと思っております。

調達した資金の用途ですが、プロジェクト初期のフェーズでは、絵心がなくてもマンガ家になれる3DCGマンガの普及と定着を図っていきます。
具体的には、3DCGマンガ制作、3DCGマンガ教育事業、3DCGマンガ出版事業等を行っていく予定です。

これからの時代は、映像・アニメ・GAME・マンガ・VR作品等々、ほとんどのエンターテイメント産業に3DCGクリエイターが必要になります。日本の得意分野であるマンガをテコにして多くの3DCGクリエイターを輩出し、コンテンツ業界の振興を図ります。

法的な整備が整っていないことや、流通マーケットが今後どうなるかもまだ分かりません。
私自身も暗号通貨は勉強中です。ストーリーコインを取得頂いた方が損をする可能性もありますので、寄付のつもりでお求め下さい。不確定な要素が大きく、こちらに記載したこともどこまで実現できるかまだ分からない状況です。
一切の保証は致し兼ねますので、自己責任で宜しくお願い致します!

一応、STORY COINの取引所もあります。
テストで購入や売却をしてみましたが、普通に売買可能です。

 

さて、1Storycoinがメチャメチャ高い理由ですが、
単なるお遊び独自トークンだからです。

実際にBTCにきちんと紐づいているので、
360°どこから見ても立派な仮想通貨なのですが、
送金手数料がバカ高いので、
現実的な仮想通貨としては使用が難しいからです。

 

今回の件でICOとは何なのか??を学ぶには、非常にいい勉強にはなりました。
将来的に本当にICOする際のよい予行練習になったと思います。

 

 

寄付(コインの取得)はコチラから!↓
※0.001BTCから対応致します。

Donate with IndieSquare

※下記へアクセスし、「IndieSquare wallet」をインストールするとBTCの送金できるよ。
android →  https://play.google.com/store/apps/details?id=inc.lireneosoft.counterparty
iphone  →  https://itunes.apple.com/app/kauntao-cai-bu/id977972108

 

 

大坪 拝

 

 

 

 

 

 

 

Pocket
LINEで送る

関連記事

  1. 【Daz Studio】解説本をご紹介
  2. 超リアルな3DCG女子高生Saya
  3. 【DAZ STUDIO】Runtime DNAをご紹介
  4. 【DAZ studio】ダズ専門マンガジン-最新号Vol.21出…
  5. VRoid漫画の作り方と「VR監禁イロナ」2話目の公開のお知らせ…
  6. 【新技術】Unityを活用したアニメが登場しました
  7. amazon Kindle インディーズマンガで上位20位に入選…
  8. さよなら「ゲームラボ」さよなら「教えて!!おたく兄さん」

3DCGイラスト制作承ります。

カテゴリー記事一覧

おすすめ記事

  1. 【ニュース】マンガ on ウェブ5号目本日発売です。
  2. 【Adobe】Photshopで画像に動きをつける方法
  3. 【Daz Studio】表情を元に戻す(リセットする)方法
  4. 【DAZ STUDIO】Runtime DNAをご紹介
  5. 【注目の作品】Lady Gaga – Imagine
  6. 【Daz Studio/ダズスタジオ】演技をさせてみた
  7. 【Daz Studio】10分でワイルド美青年の顔アップ
  8. VRoid StudioをDaz studioのIrayレンダリングする方法を模索する
  9. 【コラム】マンガ制作とレバレッジ
  10. ATPU(アトプ)から予測するマストドンの持続可能性
PAGE TOP