ニュース/新技術

【大坪】宮崎駿監督のテレビ版ルパンを分析(と、平成最後のご挨拶)

 

GWということもあり、宮崎駿監督こと、照樹務さんが脚本・絵コンテ・演出等を手掛けたテレビ版ルパンの2話(「死の翼アルバトロス」「さらば愛しきルパンよ」)を鑑賞しました。

大人になって分析力が最も優れている今の時期に、作品を見返すと、たぶんいろいろな気付きがあるのではないかなぁと思った為です。

結論から言うと、正味22~23分程度の時間軸では、宮崎駿監督の能力の50%くらいしか出せていないなぁという印象です。
他のTVシリーズのルパン作品からは、もちろん圧倒的に突出したクオリティなのですが、作品としてはちょっと物足りない。
語弊がありそうなので補足すると、宮崎監督以外で、このクオリティでTV版ルパンを作れる人は、ほとんどいない。

このテレビ版の2話は1980年に制作されていて、宮崎監督は1979年~1980年の同時期に(つづく…

3DCGイラスト制作承ります。

カテゴリー記事一覧

おすすめ記事

  1. 60分で制作した3DCG漫画(マンガロイド)の女の子 3DCG漫画の女の子
  2. 【DAZ Studio】ドイツのDAZコミュニティ
  3. 西野亮廣エンタメ研究所の投稿をマンガ化とマンガチューバー
  4. 【Daz Studio】解説本をご紹介
  5. 【インタビュー/Daz Studio】天川和香先生が登場(前編)
  6. 【コラム】「不気味の谷」と「妄想の山」
  7. 【DAZstudio】おすすめ表情のまとめ
  8. 【DAZ Studio】リアルなレンダリングエンジン LuxRender
  9. 【DAZstudio】破けた服の直し方
  10. 「レディ・プレイヤー1」今後100年、この作品を超える映画は登場しない(ネタバレなし)
PAGE TOP
Language Translator (Chrome) »