コラム

【コラム】日本の3DCG文化は遅れているが…、日本には漫画がある。

Pocket
LINEで送る

 

漫画ではないのであるが、まずは、これを見て欲しい。

 

GNOMON Student Work & Showcase

 

GNOMONという学校の生徒達が作った作品集だ。

かなりレベルが高い。。。。

 

 

今のところ、日本は、圧倒的に3DCG分野の教育が遅れている。

これは、仕方がない…。

3DCGソフトの大半が海外製なのだから・・・。

 

 

しかし、日本にはマンガという強力な文化的資産がある。

海外では、漫画文化自体が発展していない為、3DCG漫画が流行る気配はない。

ここにチャンスがある…ように感じる。

 

国内で、3DCG漫画が台頭することで、一気に海外の3DCGアーティスト達に追いつき、追い越せるであろう・・・。

3DCG漫画で育った人材は、映像、アニメ、ゲーム、そしてもちろん漫画にも・・・とさまざまな分野に広がっていく事になるからだ。

 

ここに文化的光明が差しているように思う。

日本の3DCG文化は遅れているが…、日本には漫画がある。

 

大坪 拝

 

 

 

Pocket
LINEで送る

関連記事

  1. 【3DCG漫画論:第6回】3DCG漫画でスピード感を演出する方法…
  2. 【コラム】フォトリアル3DCGマンガ論
  3. 【コラム】複利と累積進化(選択)とマンガの売上
  4. 【コラム】オザケン復活と30年笑顔
  5. 【コラム】ICOで3DCG漫画の資金調達をしたい
  6. 【3DCGマンガ論:第3回】「スマホ漫画、1ページに1~3コマが…
  7. 【コラム】マストドンは流行るのか?非技術的側面の考察
  8. 【コラム】ガラケーじゃなくて、「ガラ漫」現象

カテゴリー記事一覧

おすすめ記事

  1. 「Ghost in the shell」本気のクリエイターなら必見の映画
  2. 【注目の作品】マンガ on ウェブ4号目に掲載されました!
  3. 【DAZ Studio】レンダリング比較Irayと3Delight
  4. 【コラム】マストドンは流行るのか?非技術的側面の考察
  5. 【Daz Studio】解説本をご紹介
  6. 【コラム】ガラケーじゃなくて、「ガラ漫」現象
  7. 【インタビュー/Daz Studio】天川和香先生が登場(後編)
  8. 【コラム】3DCGキャラクターの演技論
  9. 【3DCG漫画論:第6回】3DCG漫画でスピード感を演出する方法
  10. 【ダズスタジオ】DAZ studio専門WEBマガジンのご紹介
PAGE TOP