Daz Studio

DAZ Studioの表情モーフィングの凄さ

Pocket
LINEで送る

3DCGキャラクターの表情は、モーフィングと呼ばれる機能で表現します。

六角大王のモーフィングと比べると、DAZ Studioのモーフィングは、物凄い細かい所まで、動かすことが可能です。

舌とか、唇とか、片方の眉毛とか…、いろいろな所が細かく動かせます。

繊細な演技を3Dキャラクターに施すことができるので、表現の幅がかなり広がります。

 

この原始人は、DAZ Studioで制作したキャラクターです。

拙著「エクゾジャケット」7話目に登場します。

025

035

041

047

048

049

 

このシーンは、原始人がパンティを見たくて、本能に剥き出しのまま吠えるシーンなのですが、、なかなか迫力のある表情になりました。

ここまでの表情が作れると、3DCGキャラクターいじりもかなり楽しく行えます。

DAZ STUDIOは無料のソフトウェアなので、グラフィックボードを積んでいるPCでお試し下さい・・・。

 

 

Pocket
LINEで送る

関連記事

  1. 【ダズスタジオ】DAZ studio専門WEBマガジンのご紹介
  2. 【Daz Studio】新しい髪形(hair)がずれてしまう問題…
  3. 【ダズスタジオ】レンダリング率%についての考察
  4. 【DAZ Studio】レンダリング比較Irayと3Deligh…
  5. 【DAZstudio】乗り物系アイテムまとめ
  6. 【Daz Studio】解説本をご紹介
  7. ぬるぬるの研究
  8. DazStudioでマンガ制作2019年の3月

3DCGイラスト制作承ります。

カテゴリー記事一覧

おすすめ記事

  1. 【注目のプラグイン】DAZ StudioデータをMAYAへ移植(連携)する方法を徹底解説!
  2. 【コラム】20年後のマンガはどうなっているのか?
  3. AUTODESK 123Dはマンガ背景制作に革命をもたらすか?
  4. 【予告】次の作品の主人公を作ってみました。
  5. 【DAZ Studio】さやか先輩
  6. ”応力”と年末のご挨拶
  7. 【Daz Studio/ダズスタ】チャラいおっさんを作ってみた。
  8. 【コラム】小規模マストドンをローコストで運用するコツ
  9. 【adobe Photoshop】背景を切り抜く3つの方法
  10. 【DAZ Studio】注目のDAZベンダーSWAM
PAGE TOP