ニュース/新技術

実写にしか見えない3DCGキャラクター

Pocket
LINEで送る

2014年9月に、実写にしか見えない3DCGが出てきました。

それがEdです。

これが、今年公表されたSayaに繋がって来ているように思います。

世界中で瞬時に新技術が伝わるようになって、

進化のスピードが年々早まっているような気がします。

Sayaレベルの女の子で、3DCG漫画が作られる日は、そう遠い未来ではないのかもしれません・・・。

Pocket
LINEで送る

関連記事

  1. 【Unity】オススメの背景画像のご紹介
  2. マストドン・エバンジェリスト宣言
  3. VRoidマンガ作ってみました。【連載マンガ】
  4. マストドンのインスタンス(鯖)を立ち上げてみました。
  5. 【新技術】超簡単に3DCGアニメが作れるCrazyTalk8
  6. AUTODESK 123Dはマンガ背景制作に革命をもたらすか?
  7. 【コラム】俳優が年を取らない時代の到来
  8. VRoid StudioをDaz studioのIrayレンダリ…

3DCGイラスト制作承ります。

カテゴリー記事一覧

おすすめ記事

  1. 【コラム】小規模マストドンをローコストで運用するコツ
  2. 【DAZstudio】DAZのフリーランスの方々を探すサイト
  3. 山本おさむ「ぼくたちの疾走」
  4. 道なき道を行く3DCG漫画の超地道な技法開発
  5. 【フォトリアル化します】エクゾジャケット-渡辺 小糸津
  6. 【DAZstudio】目の色を変える方法
  7. 【3DCGマンガ論:第2回】キャラクターがしゃべる??漫画
  8. 【DazStudio】あるアイデアのテストです。
  9. 【DAZ Studio】注目のDAZベンダーSWAM
  10. 【コラム】アニメとマンガの境界線について(後編)
PAGE TOP