ニュース/新技術

実写にしか見えない3DCGキャラクター

Pocket
LINEで送る

2014年9月に、実写にしか見えない3DCGが出てきました。

それがEdです。

これが、今年公表されたSayaに繋がって来ているように思います。

世界中で瞬時に新技術が伝わるようになって、

進化のスピードが年々早まっているような気がします。

Sayaレベルの女の子で、3DCG漫画が作られる日は、そう遠い未来ではないのかもしれません・・・。

Pocket
LINEで送る

関連記事

  1. 【DAZ Studio】世界最大の芸術家コミュニティ:デヴィアン…
  2. VRoid StudioをDaz studioのIrayレンダリ…
  3. ICO実施のお知らせ
  4. 【Daz Studio】解説本をご紹介
  5. 15分で1000万!!! DMM VENTURESに応募して面談…
  6. VRoidマンガ作ってみました。【連載マンガ】
  7. 第1回マストドン流行語大賞開催のお知らせ(結果発表)
  8. 【大坪】宮崎駿監督のテレビ版ルパンを分析(と、平成最後のご挨拶)…

3DCGイラスト制作承ります。

カテゴリー記事一覧

おすすめ記事

  1. 【注目の作品】Lady Gaga – Imagine
  2. 花粉症でボロボロです…マンガ
  3. VALUの問題点をズバリ解説:ヒカルがんばれ!
  4. アメリカの3DCGマンガ
  5. Christmas Time Is Here
  6. 【特報】Runtime dnaとDAZ社が合併!
  7. 漫画「月給100万を達成したエミの英断」
  8. Deep Fake Art Project(ディープフェイクアートプロジェクト)
  9. 【Daz Studio】10分でワイルド美青年の顔アップ
  10. 【ギャラリー/Daz Studio】某匿名作家様の作品
PAGE TOP