Daz Studio

【Unity】オススメの背景画像のご紹介

Pocket
LINEで送る

 

 

漫画の背景で使える素晴らしいUnityアセット【JapaneseSchoolシリーズ】をご紹介。

 

先日、制作者のSbbUtutuyaさんに問い合わせた所、ゲーム以外でも使用可能とのご返答を頂きました。

動画を見てもらえば分かりますが、凄いクオリティです。

未確認になりますが、この画像はSkyShopというアセットを使用しているかと思います。きれいな画像を出力したい場合は、必携アイテムのようです。

 

 

※アセットは、第三者とファイルを共有したり(3Dモデルデータの送信や記録メディアに入れての手渡し等)、3Dモデル自体のウェブアップロードなどは禁止です。お気をつけ下さい!

 

今後の課題ですが、Daz StudioのフィギュアデータをUnityにimportしようと、試行錯誤をしてみたのですが、なかなかきれいにimportできませんでした。

ポリゴンを削減できるDecimatorというDazのアセットを購入て、ポリゴン数を削減してからインポートしたのですが、服が破れたり髪がずれたりするなど、課題が残っています。

マンガで使う場合は、ロングショットではUnityにフィギュアを読み込んでカットを割って作画の効率化を図り、アップに近いときはそれぞれ出力した画像をレイヤーで分けて合成…という風に考えたのですが、また別の手を考えないといけなそうです。

 

あとポリゴンを削減できるDecimatorですが、定価101ドル位なのですが、年会費70ドルのPLATINUM CLUBに入っていたおかけで28ドル代で購入できました。

DAZでフィギュアを購入予定の人は、PLATINUM CLUBは入っておいた方がお得です。

 

 

 

Pocket
LINEで送る

関連記事

  1. 【DAZSTUDIO】西 貫太郎-エクゾジャケット
  2. 【Daz Studio/ダズスタ】直球の日本人を作ってみた。
  3. 【DAZSTUDIO】エクゾジャケット-栫 真奈(かこい まな)…
  4. 【Daz Studio/ダズスタジオ】演技をさせてみた
  5. 【3DCG漫画論:第6回】3DCG漫画でスピード感を演出する方法…
  6. 【DAZSTUDIO】石野田 妃歩美-エクゾジャケット
  7. 【Daz Studio】ワイルド美青年をマッチョにしてみた
  8. AUTODESK 123Dはマンガ背景制作に革命をもたらすか?

おすすめ記事

  1. 国内初!ALISのトークンセールに参加してみた。
  2. 【ニュース】ロシアでも人気!DAZ Studio
  3. 【Daz Studio/ダズスタジオ】演技をさせてみた
  4. 【DAZSTUDIO】エクゾジャケット-栫 真奈(かこい まな)
  5. 【コラム】世界中でDAZ STUDIOの教室が開かれている件
  6. 【Daz Studio】世代の異なる髪型(パーツ)を適用させる方法
  7. VALUのVAは優待特典がなければ、論理的には資産価値ゼロ
  8. 【コラム】マストドンは流行るのか?非技術的側面の考察

カテゴリー記事一覧

PAGE TOP