セルシス

VRoid漫画の作り方と「VR監禁イロナ」2話目の公開のお知らせ

Pocket
LINEで送る

 

VRoidマンガ「VR監禁イロナ」の2話目を公開してみました。
※タイトルがドギツ過ぎたので、今回から変更致しました。

ライトノベルならぬライトマンガということで、簡易で短時間で読みやすい表現形態を目指しておりまして、コスト低減も制作を続ける上でかなり重要なテーマになりますので、ネームと作画を同時に行いながら7-8時間くらいでサックリ作りました。

今回の2話目の制作作業をして感じたのは、VRoidの凄まじい可能性です。
リリース10日くらいで一気に10万人の人が使いだした理由がよく分かります。
年内に30万~40万人位の人が使い出すのではないかなと思います。

 

 

3Dマンガを作る際に、僕が日本で一番多くの3Dソフトを駆使して制作していると思うのですが、コミPO!や六角大王、さし絵スタジオ、iClone、DAZSTUDIO等々と渡り歩いてきた経験を踏まえても、VRoidの使い勝手とセルルックな描画能力は、ずば抜けています。このアプリを手掛けている方(チーム?)は、素晴らしいセンス(才能)を備えていると思います。兎にも角にもキャラクターが可愛い。この一言にすべてが集約されます。

VRoidは、キャラクター造形に必要なツールが、必要最小限ながらすべてそろっていて、表情もテクスチャーではなくモーフィングで表現できますし、モーション機能も、この初期の段階で既に実現しています。あと半年くらいすれば、恐ろしいくらい使いやすいツールになるように感じます。

 

3D漫画「VR監禁イロナ」がどのような制作ツールを使用しているかと言うと、1つ目がVRoid、2つ目がDAZSTUDIO、3つ目がCLIP STUDIO PAINTです。
この3種の神器があれば、サクサクと3Dマンガを作ることができるでしょう。

ここ4~5年間、10年後には30~40%の人が3DCGでマンガを作るようになるとずーっと言い続けてきたのですが、VRoidの登場によってこの近未来は、ほぼ確定したと思います。VRoidは、VtuberやVR chat用のツールとして使われることを想定されて開発されたと思うのですが、10年くらいのスパンで見ると、イラストやマンガ制作ツールとして使われるようになるだろうなぁと、ここで予言しておきたいと思います。

まだほとんどの方が、この事実に気が付いておりません。
準備するなら、今のうちです。
コッソリと指南しておきたいと思います…。

 

「VR監禁イロナ」は、あと3~4話で完結する予定です。
多くの方に、VRoidの可能性を感じてもらえると嬉しいです。

 

▼VR監禁イロナ 第1話
https://www.pixiv.net/member_illust.php?mode=medium&illust_id=70033875

▼VR監禁イロナ 第2話
https://www.pixiv.net/member_illust.php?mode=medium&illust_id=70450747

 

大坪 拝

 

 

 

 

Pocket
LINEで送る

関連記事

  1. 【DAZ Studio】iclone6との連動によるアニメーショ…
  2. 【DAZ Studio】DAZデータをCLIP STUDIO P…
  3. あのッ。。いきなりこんな事言うの反則なんですけど…
  4. マンガ on ウェブ 第11号 本日発売
  5. 【DAZ STUDIO】Runtime DNAをご紹介
  6. 【DAZSTUDIO】専門雑誌の最新号が出ました。Vol.24
  7. 3D.SKで人物のテクスチャーをGETしよう。
  8. 【ニュース】ロシアでも人気!DAZ Studio

3DCGイラスト制作承ります。

カテゴリー記事一覧

おすすめ記事

  1. 【クリペ+Daz Studio】漫画表現のテスト
  2. 【注目の作品/Daz Studio】2015年の注目作品をさらに公開!
  3. 【DAZ Studio】レンダリング比較Irayと3Delight
  4. 【コラム】小規模マストドンをローコストで運用するコツ
  5. 【ダズスタジオ】レンダリング率%についての考察
  6. 【DAZstudio】舌を出す方法
  7. 【DAZ Studio】リアルなレンダリングエンジン LuxRender
  8. 【コラム】新しいマンガの吹き出しについて考える
  9. 期間限定 「六角大王」で使える「さし絵スタジオ2」 が大幅割引!
  10. 【Unity】オススメの背景画像のご紹介
PAGE TOP