ニュース/新技術

pixivの有望な3DCGキャラ制作ソフト「VRoid Studio」

 

ついにゲームチェンジャー的なソフトウェアが登場しました。
pixivのVRoid Studioです。

 

今後、マンガが3DCGで制作されるようになることは、僕の中ではすでに確定した近未来なのですが、
なかなか現在の段階で、多くの人には理解??されていない予測になっています。

1年後の予測するのは難しいのですが、20年後の未来予測は意外と簡単です。
例えば、GAFAコインのような通貨が、20年後に世界中で使用されるようになることは、ほぼ確定事項です。
Gcoinなのかbitcoinやイーサリアムなのか、はたまた新しい仮想通貨かは分かりませんが、
何がしかの仮想通貨がメインで使われるようになり、
各国で定められた法定通貨の力が相対的に弱くなる動きが止まることはありません。

20年後の未来では、3DCGで作画されるマンガは、
50%を超えているように思います。
VRoid Studioのようなソフトウェアが出てくると
イメージしやすくなる方が多くなってくると思います。

 

セルシスが出すのかと思っておりましたが、国産の3DCGキャラ制作ソフトは、pixivで決まり…かも知れません。

XXXXの部分と〇〇〇〇を抑えれば、まだセルシスにも望みがあると思いますが、、
10年単位での未来予測と経営資源を集中させる大胆な判断が必要になるので、
かなり難しい可能性が高いと思います。セルシスにも頑張って欲しいなぁ・・・。

いずれにしても、pixivのVRoid Studioには期待大です。
7月下旬のリリース予定。楽しみだぁ。

 

大坪 拝

 

 

 

  1. クーマリオン
  2. 週2刊

3DCGイラスト制作承ります。

カテゴリー記事一覧

おすすめ記事

  1. 背景として使用できるAdobe Stockの可能性
  2. 【インタビュー/Daz Studio】天川和香先生が登場(後編)
  3. 【Daz studio】レンダリング設定のEDITについて
  4. 【DazStudio】シェーダーの調整&テスト
  5. NILUにも上場!VALUに似た?サービスで総資産NO.1になった話
  6. 【adobe / Illustrator】2枚の画像ファイルを正確に組み合わせる方法
  7. 【エクゾジャケット】ibooksランキング1位と2位独占!
  8. 【DAZstudio】キャラクターの表情とポーズを元に戻す方法
  9. 【3DCGマンガ論:第2回】キャラクターがしゃべる??漫画
  10. 【コラム】アニメとマンガの境界線について(前編)
PAGE TOP
Language Translator (Chrome) »