adobe

【Adobe】Photshopで画像に動きをつける方法

 

 

DAZstudiooでは「モーションブラー」という
動きやブレの表現が出来るプラグインがあります。

▼ダズスタジオ上でモーションを設定できるプラグイン

【DAZstudio】モーションブラーのプラグイン

 

 

もうひとつのやり方として、Photoshopを使用する方法を紹介していきたいと思います。
人物だけではなく、背景加工にも使える方法なので、汎用性が高い加工方法です。

今回はDAZstudioで作成した、下記の女の子の画像を使用します

【Before】

 

①まず動きを付けたい右手を投げ縄ツールなどを使用して、
おおまかに選択します。

②つぎに、【コピー&新規レイヤーの同じ位置にぺースト(ショートカット:Ctrl+J)】を行います。

③新しく作成したレイヤーを選択し、
【Filter(フィルター)】⇒【Blur garaly(ぼかしギャラリー】⇒【Path Blur(パスぼかし)】をクリックします。

④すると、ぼかしツールのウィンドウが出てくるので、
ぼかしの方向をパスを描いて表現します。
ストロボのパラメータを微調整したら、【OK】をクリックして適用しましょう。

⑤【完成】

ぼかしだけが浮いているように見える場合は、レイヤーを重ねたり、
不透明度を調節することによって、改善されると思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

3DCGイラスト制作承ります。

カテゴリー記事一覧

おすすめ記事

  1. 【DAZ studio/ダズスタ】肌の質感(トーン)の調整をいろいろ行ってみた。
  2. 【Daz studio】レンダリング設定のEDITについて
  3. VALU100年の計:内部で何が起きているのか?
  4. ライトノベルならぬ、ライトマンガの可能性
  5. さよなら「ゲームラボ」さよなら「教えて!!おたく兄さん」
  6. 大ブームの予感?!日本初!トークン報酬でマンガ連載【更新のお知らせ】
  7. 【コラム】複利と累積進化(選択)とマンガの売上
  8. 【DAZ Studio】ドイツのDAZコミュニティ
  9. 【コラム】アニメとマンガの境界線について(後編)
  10. ソーシャルアシスタントとは?
PAGE TOP
Language Translator (Chrome) »