Unity

【Daz Studio】MMDを漫画の背景にできないか調べてみた。

Pocket
LINEで送る

MMDの舞台で有名なのは、

・ケロリン町

・古や村

・空色町/豊倉市

といった所になりますが、空色町/豊倉市は商用利用NG…という状況らしいです。

 

「ケロリン町」や「古や村」は、「商用利用の際は、ぜひ一声おかけください。」「有料のソフトやゲームに利用されたい場合は、ご連絡ください。」と記載があったので、内容次第で大丈夫そうです。

 

▼古や村 https://seiga.nicovideo.jp/user/illust/507922

マップ

 

https://www.nicovideo.jp/watch/sm27805011

によると、ケロリン町は、version2.0まではMMD対応だったのですが、

ケロリン町3.0はUnityで制作されているようです。

 

誰でも自由に使えるような3Dの大きな街があればいいなと思っていたのですが、

ケロリン町が今後、そのような方向性で広がってくるといいですね。

 

ソーシャルアシスタントを考える上で、町職人の方の活躍は非常に期待したいです・・・。

 

Pocket
LINEで送る

関連記事

  1. 【Daz Studio】オリジナルキャラクターを作成する方法
  2. 【Daz Studio/ダズスタ】チャラいおっさんを作ってみた。…
  3. 実写にしか見えない3DCGキャラクター
  4. 【Unity】オススメの背景画像のご紹介
  5. 【Daz Studio】ポーズを取った時に髪の毛(hair)がず…
  6. pixivの有望な3DCGキャラ制作ソフト「VRoid Stud…
  7. VRoidマンガ作ってみました。【連載マンガ】
  8. 【Daz Studio】表情を元に戻す(リセットする)方法

3DCGイラスト制作承ります。

カテゴリー記事一覧

おすすめ記事

  1. マンガロイド作画の利点(前編)
  2. 漫画「月給100万を達成したエミの英断」
  3. 略歴:大坪商介
  4. VRoidでマンガ(漫画動画)は作れるのか?
  5. クーマリオン(QUMARION)があると、どの程度ポーズ設定がはかどるのか?
  6. 【Daz Studio】変顔(表情の豊かさ)テスト
  7. 【DAZstudio】Scene Optimizerでレンダリングが超絶早くなる
  8. 【DAZ Studio】背景とキャラクターの合成について
  9. 【Daz Studio】ワイルド美青年をマッチョにしてみた
  10. Deep Fake Art Project(ディープフェイクアートプロジェクト)
PAGE TOP