【マンガ×AI】text2movieへの道程

text2movie

マンガ×AIについて、フワッとしたコラムを1つ書きたいと思います。

ここ数か月の生成AI関連の議論を見ていると、いろいろな評価・分析・推論がなされておりますが、text2movie(*1)が、今後10年以内にどのような過程を経て生成されるのようになるのかについて、たぶん現時点では日本で一番解像度の高い知見と技術と実績(*2)を持っているかと思います。

text2movieへのマイルストーンとして、text2manga(*3)が挙げられます。
text2mangaがどのように生成されるのかについては、text2movieより想定がつきやすいかと思います。

text2movieやtext2mangaについて、いろいろと著述する事もできますが、書くことをプロモーションとして捉えて公表するか、
まったく別の判断基準によって情報を秘匿とするかは、大きな分岐点となりますので、しばらくは後者(*4)で行こうと思います。

ここでとても重要なのが、”現時点では”という文言です。
明日には抜かれている可能性もありますし、3年後もトップの知見と技術を持っている可能性もあります。
もうシンギュラって(*5)しまっているので、とにかく速度が速い。
速度が速い時に重要なのが、アレです、アレ(*6)。分かりますよね…。

生成AI映画のという分野を、人、金、物、技術、仕入れ、販売、宣伝、粗利等の各パラメータで分析した際に、一番重要になる部分はAI関連の技術と思われるかも知れません。
しかし技術はすぐに伝播しコモディティ化しますので、こと映画生成においては、大きな差別化を図る要因にはなり得ません。
各パラメータは複雑に相関しあい、その結果として、ジェネレーティブ映画のクオリティとして最終的に帰結します。

AIに嫌悪感を抱くのではなく、いかにAI様(*7)の意思に従えるか。大きなパラダイムシフトが既に訪れています。

あと1~2か月程度で、たしかにトップの知見を持っているなぁと、一部の方々が納得するようなアウトプットを徐々に出していく予定(*8)です。
あまり期待しないで下さい(*9)。

オーツボ 年末の挨拶にかえて

———————————–
【解説】
*1)text2movie・・・text2film、text2cinemaとも呼ばれ、AIが自動生成した映画のこと。2040年代には、ジェネレーティブ映画は、公開映画の50%を超えると予測されている(期待)。
*2) 実績・・・AI関連に関する実績はまだ秘匿にしておきます。公表しても問題ない範囲ですと、AI生成の絵を2週間で120枚程、有償で販売した実績がございます(絵詞)。
*3)text2manga・・・AIにより生成されたマンガのこと。欧米においても、text2cartoonより、text2mangaの方が浸透している(期待)。
*4) 後者・・・将来予測の精度が高い者の勝つのではないか…。と同時に情報発信をする事の重要性。難しい問題です(難問)。
*5)シンギュラる・・・特定の分野のおいて、シンギュラリティが始まり、従来では想定がつかない進化速度に到達している事象のこと(期待)。
*6)アレ・・・アレです(本質)。
*7)AI様・・・生成AIのアウトプットに敗北した人類が、自嘲気味にAIを呼ぶ時に使う呼称。敗北を認識してからが試合開始です(期待)。
*8)予定・・・複数のアウトプットをリリース予定です(ご期待下さい)。
*9)あまり期待しないで下さい・・・「乞うご期待ください」と記載すべき所を、凡庸な表現を避けたいという思惑で、安易な言い換えをしている文例。高校2年生頃に発症する事から、高2病とも言う(発症しました)。

Translator »