注目の作品

【コラム】20年後のマンガはどうなっているのか?

 

いきなり本題で恐縮ですが、20年後のマンガは、声優を入れて、部分的にアニメーション化する方向で進化すると思います。

コマ割りという概念は、スマホ化、動画化の流れの中で、カット割りに取って代わります。

5GやVRグラス等の進化を踏まえると、この方向性しかないでしょう。

(追記)20年後は、マンガ雑誌がほぼ壊滅的な状況になっていると思いますので、スマホかVRグラスへ、いきなりマンガを配信する形に変わります。VRグラスへの漫画配信が主流になっていれば、絵が止っていたり、音や声がないマンガでは、退屈に感じるでしょう。

 

僕のマンガ制作過程では、既にネームという概念は消失し、テキストエディタでネームの前段階の文章を作り、タイムライン上でコマ割りに準じる作業を行っています。

今年の初め頃は、慣れているクリップスタジオペイントを使っておりましたが、今はそれをすっ飛ばして、いきなりプレミアで作業を行っています。

3Dキャラ制作、3Dキャラオーディション、ポーズ、表情、モーションの実演や調査、クロマキー動画撮影、マンガ声優への依頼、BGMのリサーチ等々を行って、プレミアやAEで動画漫画を仕上げていきます。アシスタントは、ソーシャルアシスタントに取って代わり、3DキャラクターもVRoidハブの人気3D役者を活用しています。

ということで、20年後のマンガの姿がどうなっているのか?
間違っている可能性もありますが、一足先にご確認頂ければ幸いです。

20年後に答え合わせしましょう。

マンガ家
大坪 拝

 

 

 

3DCGイラスト制作承ります。

カテゴリー記事一覧

おすすめ記事

  1. 【Daz Studio】メガネをかけてみた。
  2. 【3DCGマンガ論:第3回】「スマホ漫画、1ページに1~3コマが最強」説
  3. 【ダズスタジオ】DAZ studio専門WEBマガジンのご紹介
  4. 【DAZ studio】シーンに複数の人物を読み込む方法
  5. 【コラム】ガラケーじゃなくて、「ガラ漫」現象
  6. 【DazStudio】シェーダーの調整&テスト
  7. マンガロイド作画の利点(前編)
  8. Daz Studioで日本人のカワイイキャラクターを作る方法
  9. CGWORLDで3DCG漫画「童貞通貨」の記事が掲載されました!
  10. 実写にしか見えない3DCGキャラクター
PAGE TOP
Language Translator (Chrome) »