【注目の作品】中学3年生でこの実力/近未来がこれで分かる。

中学生がこの映像を作っています。

これがデジタルネイティブ世代の実力です。

Youtubeには、下記のプロフィールが掲載されています。

都内在住の中学3年生。独学で小学3年生から映像制作を始め、小6からBlender及びCS6を使用した3DCG、VFX制作を続けている。 Twitter: https://twitter.com/38912_DIGITAL

After Effects、Blender、Adobe CS6  等で作業を行っているようです。

 

驚かれる方も多いかと思いますが、たぶん数年後には実力の高い中学生・高校生がこのくらいの制作能力を持っていることは普通になっています。

僕が一番凄いな・・・と感じたのは、技術というよりも、作品の中に、JJエイブラムスの影響が見て取れることです。

これはすごい映像作家になるかなと感じました。

 

3DCG漫画(作画)が普及するのも、この流れの延長線上の話で、ソフトウェアの習熟に全く抵抗のない世代にとって、多数のソフトウェアを使いこなす事は全く苦になりません。

10年後には3DCG作画によるマンガは、35%くらいに達していると予測しているのですが、こういった世代が生まれているのを肌で感じているからです。

2025

この数字をあり得ないと思うか?行くかも…と思うか? 今の時代の流れの速さから考えると、3年以内にある程度予測できるようになっていると思います。

 

【本編】

 

【メイキング】

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Translator »