Deprecated: class-oembed.php の使用はバージョン 5.3.0 から非推奨になっています ! 代わりに wp-includes/class-wp-oembed.php を使ってください。 in /export/sd201/www/jp/r/e/gmoserver/9/0/sd0482590/mangaloid.jp/wordpress-4.3.1-ja-jetpack-undernavicontrol/wp-includes/functions.php on line 4907

「道」 宇多田ヒカル

 

 

10代の頃は、CMを見ていて「すげぇーいぃ!!!」と感じる楽曲が、年に1曲くらいあったのですが、年を重ねるにつれ、そういった歌に出会う回数が少なくなっていました。

久しぶりに昨日、15年ぶりくらいかな??そんな感覚に陥りました。

 

宇多田ヒカル「道」。

「なんだ、これ!!!!」と思い、慌ててitunesでアルバムを買って聞いたんですが、もん~~~~んの凄いです。

https://www.youtube.com/watch?v=eDjX8gM1WJ8

ジックリと聞いたら、さらに数段ヤバかったです。

 

なぜか、既聴感があるんです。これを!!聴きたかった!という感じに…。

 

それにしても、天才少女が、人生経験を重ねて、こういった楽曲を作るようになりましたか…。

 

この打ち出し方、昇華のさせ方は、飛び抜けた才能のなせる業だと思います。

悲しいのに、力強くて、切ないのに、前向きなんです。

「私 の 心 の 中 に…. 」からの歌声は、切なすぎますよ。ホント。。。

 

 

宇多田ヒカルの最高傑作かも…。
だって人生が反映しちゃってますからね。

 

今までの心のベストテン第一は、

だったのですが、「道」に書き換わりました。

 

 

いやーーー、凄いなぁ・・・。

 

 

ということで、感動した勢いで、そのままエントリーしておきます。

未視聴の方は、購入して聞いてみて下さい。ハァ…

https://itunes.apple.com/jp/album/fantome/id1149548791

 

大坪 拝

 

追記2017/12/13)

先程、一年ぶりくらいに聴きなおしてみました。
この楽曲のクオリティを超える作品には、
もう生涯出会えない事を確信しました。

こんな昇華のさせ方、普通は絶対にできません。

ある意味異常で、恐ろしい才能です。
母に捧げる鎮魂曲なんだぜ….。

どうしたらこんな作品が作れるのかなぁ…と思いつつ、
新たな漫画シーンがいくつも頭の中に浮かびました。

普通では思いつかない、力強く恐ろしいシーンも・・・。

インスピレーションが沸きまくります。

 

 

Translator »