注目の作品

【1本100万円】ワンクール1200万円のアニメーション制作スタジオ|100万円アニメ

DVDが売れなくなった昨今、1本1300万円の制作コストで、
アニメーションを作ることが難しくなってきました。

弊社は、フェイシャルキャプチャーやモーションキャプチャー等々3DCG技術を駆使して、
1本100万~300万円で作れるアニメーション制作スタジオです。

従来と比べ1/10のコストでアニメーションを制作できるようになれば、
ネット系オリジナルアニメーションとして、もしくはYouTubeアニメーションとして
無料公開できるようになり、リクープも難しくありません。

2020年代には、この分野に、新しいアニメーション市場が生まれてきます。

その際に、最も重要となるのが3DCG技術です。

弊社は2012年から培ってきた3DCG技術を活用することで、
1本100万~でアニメーションを作れる技術を確立致しました。

今後、2~3シリーズ制作を手掛けていけば、従来のアニメーションと比べても
遜色のないクオリティにまで高めることが可能です。

現在、急ピッチで準備中です。
6月25日迄に、詳細を発表します。

 

追記6月24日)
弊社が企画しております1話100万円アニメシリーズの方ですが、
どのような映像表現が可能なのか、予告編動画が完成致しました。
プレスリリース等で広く公開する予定でしたが、
しばらくの間は特定の方々に限定して公開中です。
状況が整いましたら広くお知らせする予定です。

何卒、宜しくお願い申し上げます。

大坪

3DCGイラスト制作承ります。

カテゴリー記事一覧

  1. 3DCG漫画の女の子

おすすめ記事

  1. 【Daz Studio】表情設定を行う場所(方法)
  2. pixivの有望な3DCGキャラ制作ソフト「VRoid Studio」
  3. VALU100年の計:内部で何が起きているのか?
  4. 【コラム】アニメとマンガの境界線について(前編)
  5. QUMARION(クーマリオン)が最大55%OFF!!!! クーマリオン
  6. 【コラム】複利と累積進化(選択)とマンガの売上
  7. 「空からのぞいた桃太郎」を読ませれば天才が生まれる
  8. 【adobe Photoshop】背景を切り抜く3つの方法
  9. 【コラム】佐藤秀峰が描く電子書籍の未来
  10. 日本初の漫画マストドン始めますよ~!
PAGE TOP
Language Translator (Chrome) »