Autodesk

【注目のプラグイン】DAZ StudioデータをMAYAへ移植(連携)する方法を徹底解説!

Pocket
LINEで送る

 

 

 

Dazstudioのキャラクターを、
MAYAへ連携(変更)させるプラグインがついに出ました。

 

MAYAを使っていらっしゃる方は、これでキャラクターを作りたい放題です。

Daz to Maya in Resources and Add-ons, Plug-ins and Utilities, 3D Models by Daz 3D

 

一人でも多く3DCGマンガ制作を志す方を増やしたいと思っておりますので、
MAYAを扱えるアニメやゲーム業界の皆さま…。
プライベートで、マンガ制作など如何でしょうか。

 

ということで、早速インストール等々のやり方を解説したいと思います。

まずはDaz3dで、下記のプラグインを購入しましょう。29.95ドルとかなり手頃なお値段です。

https://www.daz3d.com/daz-to-maya

 

 

購入とDAZインストールマネージャー(DIM)が済んだら、次はシリアル番号の登録です。

シリアル番号の確認はコチラ↓から
http://www.daz3d.com/downloader/customer/serialnumbers/

 

DAZSTUDIOの上部メニューのScriptsからDazToMayaを起動して、シリアル番号を入力します。
これで、このプラグインが使用できるようになります。

 

 

今度はMAYA側のプラグインの設定を調整します。
下記のプラグインマネージャーから、

 

「ロード」と「自動ロード」にチェックを入れます。

 

このままでもDazToMayaのプラグインは実行できるのですが、
ひとつ問題が起こります。
表情のデータが移行できないのです。

Expressionのモーフを移植するには、もう一つDAZ側の設定が必要になります。
下記画面と同じように設定を行って見て下さい。

 

そうすると表情Morphのデータも一緒に移行できますので、MAYA上で表情を作ることが可能です。

MAYAの表情設定は、以下のシェイプエディタから可能です。

 

ということで、データ変換を行って、
MAYA上でDAZキャラクターをいくつかレンダディングしてみました。
Dazのレンダーとは一味違った趣があります。

 

 

 

今後は、MAYAで素晴らしいのArnoldレンダリングやアニメーションが作れるようになります。

Genesin3で表情ボーンを追加した理由は、これだった訳ですね。。
サードパーティーからではなく、公式から出ると思っておりましたが・・・。

 

複数キャラクターでシーンを作る場合ですが、一度に1つのキャラクターしか
移植できないようですので、キャラクター別に分けて保存してから、
個別にシーンに読み込んでみて下さい。

 

という事で、移植方法の紹介は終わりにしようと思いますが、
ワクワクする展開は、実はまだ始まったばかりなのです…。

 

Maya 1年間のサブスクリプションのお値段はこのくらいです…

 

※今回はこのヒカルを移植しています↓

ライトノベルならぬ、ライトマンガの可能性

 

 

 

 

Pocket
LINEで送る

関連記事

  1. 【DAZ Studio】DAZアニメ歩行シーン
  2. 【DAZ Studio】リアルなレンダリングエンジン LuxRe…
  3. 【DAZ studio】髪の毛や小物を左右反転させる方法
  4. 【Daz Studio】ライティングをテストしてみた。
  5. 【Daz Studio】どこまで肌をきれいにできるかに挑戦
  6. 【DAZ Studio】イギリスの無料アイテムサイト
  7. 【DAZstudio】おすすめ学校関連アイテム(アセット)
  8. 【Daz Studio/ダズスタジオ】女の戦士を作ってみた

カテゴリー記事一覧

おすすめ記事

  1. 【コラム】宮崎駿「終わらない人」を観た。
  2. 【コラム】フォトリアル3DCGマンガ論
  3. 【注目の作品】中学3年生でこの実力/近未来がこれで分かる。
  4. 【DAZ Studio】レンダリング比較Irayと3Delight
  5. 【注目の作品/Daz Studio】2015年の注目作品をさらに公開!
  6. 【DazStudio】シェーダーの調整&テスト
  7. アメリカの3DCGマンガ
  8. 【コラム】漫画の新しいネーム作成術について考える
  9. ICO実施のお知らせ
  10. 【3DCGマンガ論:第4回】スマホネイティブな縦コマ漫画
PAGE TOP