コラム

【コラム】「不気味の谷」と「妄想の山」

Pocket
LINEで送る

 

 

ロボット工学上の概念として、「不気味の谷」という表現があります。

東工大名誉教授のロボット工学者・森政弘氏によって1970年に提唱されたこの概念は、ヒューマノイドロボットが人間に近づくにつれて、人々は好感的/共感的感情をロボットに対し持つようになるが、ある時点で急に強い嫌悪感に変わる。

この嫌悪感の一番の谷底を「不気味の谷-uncanny valley-」と定義しようという概念です。

 

 

3DCGキャラクターの世界でも、「不気味の谷」という表現が使われることがあるのですが、3DCGキャラクターをいろいろと作成していると、「不気味の谷」の対義をなす概念を体現したようなキャラクターができることが分かってきました。

どういう事かといいますと、例えば「Saya」を例にとると、不気味をはるかに通り越して写実的になり、現実の人間に近づいています。

しかし、実際にはこんな透明感を持った女の子は存在しませんし、現実の女の子以上に魅力的にも見えてしまいます。

つまり人間であると認識しながらも、現実の人間以上の魅力を持ったキャラクターが存在する。

このキャラクター群を「妄想の山-delusion mountain-」と呼べるのではないかと…。

不気味の谷と妄想の山

将来的には、「妄想の山」近辺に存在する魅力的なキャラクター達が、オキュラスリフトやAI等でさらに魅力的になってくると思いますので、ある意味…かなり危険な存在と言えます。バーチャルの世界から抜けられず、山の中を遭難する人が多数出て来ることが予測される為です。時代が進めば3DCGの世界だけではなく、S○xaroidが人間以上の魅力を持ったときも来るでしょう。

石川夫妻のラボラトリー、スーパーカミオカンデによって初めて観測されたニュートリノSayaが、ダークマターとも呼べる「妄想の山」の存在を、初めて証明したと言えるのではないでしょうか…。

大坪 拝

Pocket
LINEで送る

関連記事

  1. 【コラム】日本の3DCG文化は遅れているが…
  2. 「Ghost in the shell」本気のクリエイターなら必…
  3. 【コラム】拡張型スターシステムの可能性
  4. NILUにも上場!VALUに似た?サービスで総資産NO.1になっ…
  5. 【コラム】全ての書籍が有料ブログ化?!アマゾンの読み放題サービス…
  6. 【コラム】アイドル?俳優?3DCGキャラクターの分類とその特性
  7. ATPU(アトプ)から予測するマストドンの持続可能性
  8. 今42才だけど、命があるのはゼロ戦のおかげかもしれない話R…

おすすめ記事

  1. 【Daz studio】オジさんを若返らせる
  2. 【コラム】リーンな作品作りは、ハリウッド大作に勝てるのか?
  3. 【Daz Studio】ライティングをテストしてみた。
  4. 僕のカノジョが黙っちゃいねぇぞ!(無料キャンペーンのお知らせ)
  5. (表情は)テクスチャーか、モーフィングか。それが問題だ。
  6. 【DAZ STUDIO】Runtime DNAをご紹介
  7. 【DAZ Studio】注目のDAZベンダーSWAM
  8. 期間限定 「六角大王」で使える「さし絵スタジオ2」 が大幅割引!

カテゴリー記事一覧

PAGE TOP