コラム

VALU100年の計:内部で何が起きているのか?

Pocket
LINEで送る

 

 

昨日、VALUで一日3回までの取引制限が掛けられました。

普通に考えれば、流動性が無くなってしまい、サービスが開店休業状態になってしまいます。

利益を追求する経営者であれば、このような判断を下すことはまずないハズです。

単なるサーバー負荷の回避…ということも考えられますが、一日10回ではなく、一日3回までという極端な取引制限が行われた事を考えると、別の力学が働いたと推測できます…。

 

運営者の方で面識のある方は一人もおりませんので、
今回のコラムは、何も情報がない中での僕の勝手な想像です。
好き勝手書いており、漫画の世界と同じで空想の産物です。
ただ、論理的推論を重ねると、意外とこういう事が起きているんじゃないかなと…。

 

 

極端な制限が実施されたのは、たぶん金融庁からダメ出しが出ているからだと思います。

監督官庁の担当者(課長クラス?)も、法的な解釈や議論・世論が確定していない段階で、サービスが過熱してしまうと、出世に響きかねませんので、STOPを掛けざるを得なくなります。徐々にサービスが成熟してくれば、根回しや議論を重ねることができますので、新しいサービスとして定着させられる可能性が出てくる。そんな話し合いが行われて、一日3回までという、最大級の取引制限を掛けたのではないかと思います。

こうなると、かな~り面白みにないサービスになってしまいます。
めちゃくちゃ、勿体ない…。

 

法的な解釈が、現段階では如何様にも行える新しいサービスですので、慎重になるのは仕方のない事ですが、これではクラウドファンディングに毛が生えたサービスに収束してしまいます。

 

ということで、昨日に引き続き、VALUへの提言です。
※部外者なのに、いろいろと勝手な事を申してすみません…。

 

「株式会社のように、あなたの価値をトレード」ではなく、「リアルに、あなたの価値をトレードし、配当も出せる」サービスを目指すという方向性です。

世界中のどこにも存在しない大きなゴールを掲げて、1-2年でそこを目指す…という大風呂敷を広げるのです。

賭博じゃないのか?、仮想通貨を介するから違うよ!!等々、細かな法的な解釈に時間を費やすのではなく、正々堂々と配当を出せるサービスに向けて、議員立法等々で法律を整備してしまうのです。

 

例えば、Aさんは、個人の年収が3000万円とします。株主には1割の300万円のキャッシュバックの配当を約束します。

VA株主が3000人いるとすれば、300万÷3,000人で、一人頭1000円のキャッシュバックを仮想通貨で受け取ることができます。

VA価格が@5000円とすれば、20%の配当が1年でもらえる事になります。Aさんが信用に足る人物であれば、10%の配当にまで下がってしまいますが、VA株価は@1万円の値がついてもおかしくありません。
Aさんが10000VA保持しているとして、50%に相当する5000VAを流通させれば、5000万円が調達できて、1億の時価総額が付くことになります。
時価総額1億円は、300万円のキャッシュバックが約束されているのであれば、十分に納得感のある金額です。

株式会社と全く同じように、VA上場者は、自分の年収(売上)や生活費(経費)を開示し、その上で資金調達を行うのです。

ホリエモンであれば、年収5億円あるとして5000万円くらいの配当が出せるハズです。そうすれば上記の推論を当てはめると、ホリエモンの時価総額は16億円程度になりますので、ロケット事業への投資など活動の幅もさらに広がります。
※実際には人気が過熱し30億~100億円程度の時価総額が、ホリエモンについてもおかしくありません。

 

カジノという賭博を持ってくるより、この方向性の方が、新しいし面白みがあります。
VALU100年の計を掲げ、あえて難しい方向に舵を切ることで、官僚の方を交えて、個人ベースの新しい上場金融システムを構築してしまうのです。

 

という事で、VALUへの提言(その2)は、以下の通りです。

本気で、個人が上場できるマーケットを、

世界に先駆けて日本で実現させる。

配当バンバン出せるようにする。

 

 

さすがに、ムリか…。

 

大坪 拝

 

追伸6/10)
奇策ですが・・・東証から横槍が入る可能性を考慮して、東証(もしくは日本取引所グループ)と業務提携してしまう…というのもアリなような気がします。東証のノウハウを使って、本格的に個人上場市場を作ってしまうのです。あるスウィートスポットを押すと、動き出すような気もします。場合によっては、金融庁と東証が対立する場面もあるようですので、影響力は限定的かも知れませんが…。

 

 

 

Pocket
LINEで送る

関連記事

  1. 「Ghost in the shell」本気のクリエイターなら必…
  2. 【コラム】俳優が年を取らない時代の到来
  3. 今42才だけど、命があるのはゼロ戦のおかげかもしれない話R…
  4. 【コラム】世界中でDAZ STUDIOの教室が開かれている件
  5. 【VALU雑感】VALU運営側の問題を指摘します
  6. 【コラム】マンガもコツコツ作っています。
  7. 松居一代「おちんちんシール」のくだらなさのクオリティが 半端ない…
  8. マンガロイド作画の利点(前編)

カテゴリー記事一覧

おすすめ記事

  1. 【DAZstudio】キャラクターの表情とポーズを元に戻す方法
  2. 【Daz Studio】驚いて口が開いた表情を作ってみた。
  3. 【DAZ Studio-64bit版】Mac/マックにインストールする
  4. 【コラム】アニメとマンガの境界線について(前編)
  5. 【注目の作品】Daz studio&iClone6による素晴らしいアニメ
  6. 【DAZstudio】モーションブラーのプラグイン
  7. 【DAZ Studio】レンダリング比較Irayと3Delight
  8. 【Daz Studio】表情設定を行う場所(方法)
  9. 【マンガ on ウェブ】ナント!雑誌の表紙になりました!
  10. 【DAZ Studio】さやか先輩
PAGE TOP