コラム

山本おさむ「ぼくたちの疾走」

Pocket
LINEで送る

個人的には、1980年代の3本の指に入るといっても過言ではない名作漫画が「ぼくたちの疾走」です。

 

二十歳の頃に読んだのですが、1話目のクオリティーには打ちのめされました。

 

この作品に匹敵する連載作品第一話は、なかなかお目に掛かれません。
すぐに思いつく範囲で、このクオリティーと肩を並べるような連載第1話目は、佐藤秀峰先生の「描クえもん」くらいなような気がします。
第一話としてのアイデア、切り口、ワクワク感、リズム、構成等々が完璧なのです。

 

作者の山本おさむ先生の漫画は、比較的テーマが重いタイトルが多いのですが、その中でも「ぼくたちの疾走」は青春を題材にしており、貴重な作品です。

 

当時は、どの雑誌に連載されていたのかは全く気にせずに読んでいたので、今知りましたが、前回ご紹介した「ボーダー」と同じ「漫画アクション」に連載されていたのですね。

 

となると、これはアレです。作品を選ぶ側の編集者に、超優秀者な方がいたということです。そうするとその影響力が周りに伝播しますので、数名の優秀な編集者が当時いたであろうことが容易に推測できます。1980年代の漫画アクション編集部はヤバイ…ということですね。wikiみると1970年代もヤバそうですが….。

だから、あのXXXのようなXXXができたのか。今、点と点が結びついて線になりました。

※XXXは伏せ字ですみません!

大坪 拝

Pocket
LINEで送る

関連記事

  1. 【コラム】アニメとマンガの境界線について(後編)
  2. マストドン人気を定着させる唯一の方法とは?
  3. 【コラム】世界中でDAZ STUDIOの教室が開かれている件
  4. 【コラム】「不気味の谷」と「妄想の山」
  5. 【コラム】利益を出す目的は、世界で最高のマンガを作る為
  6. 【コラム】漫画の新しいネーム作成術について考える
  7. 【コラム】マストドンは流行るのか?非技術的側面の考察
  8. 【3DCGマンガ論:第5回】新しいフェードイン・フェードアウト

カテゴリー記事一覧

おすすめ記事

  1. 【DAZstudio】Pose Converter
  2. 【注目の作品】中学3年生でこの実力/近未来がこれで分かる。
  3. 【Daz Studio】汗だくな女性を作ってみた。
  4. 【DAZSTUDIO】専門雑誌の最新号が出ました。Vol.24
  5. 【Daz Studio】肌のヌメリとハイライトを考える:その1
  6. 【DAZstudio】おすすめ日本系アイテムの紹介
  7. Christmas Time Is Here
  8. 【コラム】アイドル?俳優?3DCGキャラクターの分類とその特性
  9. 【Daz Studio】どこまで肌をきれいにできるかに挑戦
  10. 【注目の作品】マンガ on ウェブ4号目に掲載されました!
PAGE TOP