コラム

大友克洋 ショートピース

Pocket
LINEで送る

整理していたら大友克洋の初の単行本「Short Peace」が2冊出てきた。

出版社が異なる2つのバージョン。
あとがきが、初々しい。

「AKIRA」は分かりやすい傑作だけど、「童夢」は分かり難い作品だ。

この作品が当時、正当に評価されていたのは、健全な批評文化があったからかな・・・。

進化した劇画。
映画のような漫画。
カメラのレンズの概念を反映した初めてのマンガ。

とか言われていたような気がするけど、リアルタイムで体感していた訳ではなかったから、「童夢」という作品には、ピンと来なかった。たぶん多くの漫画家が、潜在的に大友克洋の影響下にあり模倣しているので、新しく感じなかったのかもしれない。

 

今は、批評や評論がしづらい時代になってしまった。

あまりに細分化し、歴史が積み重なり、一般的な読者が有する可処分時間を、遥かに超えてしまった文化的蓄積。
海外の情報も容易に手に入るので、体系化もできず、もはや収拾の付かない事態になっており、作品の歴史的な価値を無みするしかない。

発売から40年くらい経過した今読むと、作品を作る志の高さが伝わってくる。
あるいは、簡単には読み解かれないぞという強固な防衛本能が、ある種のブランディングを成功させているようにも感じる。

後にAKIRAを作ることになった原点が、新しい漫画を作ろうとする矜恃が、面白い面白くないを超えた何かが、確実に存在していた。やっぱり大友克洋は、大友克洋だった。志高いなぁ~。

 

追記1)

大友克洋の作品で記憶に残っているのは「Electric Early Bird」という短編。
どの短編集に載っていたか調べようと思ったけど、なぜかネットで検索してもヒットしない…。
タイトルの記憶違いかも。オシャレでカッコいい作品だったなぁ…

追記2)思い出しました。
「Electric Bird Land」でした。

 

大坪 拝

 

Pocket
LINEで送る

関連記事

  1. 【3DCGマンガ論:第6回】3DCG漫画でスピード感を演出する方…
  2. 【コラム】漫画の新しいネーム作成術について考える
  3. 【コラム】佐藤秀峰が描く電子書籍の未来
  4. 【コラム】ガラケーじゃなくて、「ガラ漫」現象
  5. 【コラム】3DCGキャラクターの演技論
  6. 【コラム】「スマホ漫画、縦スクロールが最強説」と「年末のご挨拶」…
  7. (表情は)テクスチャーか、モーフィングか。それが問題だ。
  8. 【コラム】「不気味の谷」と「妄想の山」

おすすめ記事

  1. 【Daz Studio】汗だくな女性を作ってみた。
  2. 【DazStudio】あるアイデアのテストです。
  3. マストドン・エバンジェリスト宣言
  4. 背景として使用できるAdobe Stockの可能性
  5. 【DAZ Studioベンダー】オーストラリアのAprilYSHさん(無料の目あるよ)
  6. 【コラム】佐藤秀峰が描く電子書籍の未来
  7. Christmas Time Is Here
  8. 【マンガ on ウェブ】エクゾジャケット・3DCGソフト刷新しました。

カテゴリー記事一覧

PAGE TOP