コラム

【コラム】オザケン復活と30年笑顔

Pocket
LINEで送る

 

いや~、長い・・・。
完全?復活まで20年。
以前の実績が凄すぎたので、20年経ってもいきなりミュージックステーションに出れるのは、さすが・・・。

 

今、録画した番組を見たんだけど、学生時代はオザケンの大大大々…..ファンだったので、非常に複雑な心境。
いろいろな思いや、思い出があり過ぎる・・・。
10代~20代のオザケンには、知的な刺激を受けまくっていた。圧倒的な知性を持っていた・・・。
音楽でも文章でもいい。これからも、知的な刺激が欲しいなぁ。
フリッパーズ復活とか、無茶なこととか絶対ヤラナそうだけど、そこをあえて・・。
別にそこを求めてるわけじゃないけど、そういう無茶も時には人生必要なんじゃないかなと・・・。

 

一番良かったのが、エンディングのオザケンのコメント。

以前、ブラタモリで「鷹狩り」の研究をしていた根崎光男教授が、エンディングで見せた笑顔に匹敵するシーンだった。

30年も鷹狩りを研究しているけど、鷹匠の経験が一度もない根崎教授が、

タモリさんに勧められて、人生で初めて自分の腕に鷹を受け止めたときに見せる笑顔と、
30年ミュージックステーションを続けていて、それを労うオザケンのコメントでタモさんが見せた笑顔。

どちらも何十年と続けて来たからこそ出るてくる表情なので、圧倒的に深い。

両人のディープなファンの私から見ると、今までのミュージックステーション史上、タモさん的に一番うれしいコメントだったんじゃないのかなぁ・・・と。

 

「20年間、この番組が音楽の火を灯し続けていた事に感動しています」

 

このコメントで、オザケンが、まだまだ現役であることを確信。
限られた尺の中で、一気に伝えた心意気も感じ入りました。

オザケン、今後もウォッチしよう。

 

 

 

大坪 拝

 

 

Pocket
LINEで送る

関連記事

  1. 【コラム】動画でマンガをBUZZらせる試み
  2. みなもと太郎著「マンガの歴史」が業界人必読である理由
  3. ”変化”と年末のご挨拶
  4. 大友克洋 ショートピース
  5. 【コラム】日本の3DCG文化は遅れているが…、日本には漫画がある…
  6. 【コラム】利益を出す目的は、世界で最高のマンガを作る為
  7. (表情は)テクスチャーか、モーフィングか。それが問題だ。
  8. 【コラム】全ての書籍が有料ブログ化?!アマゾンの読み放題サービス…

カテゴリー記事一覧

おすすめ記事

  1. 道なき道を行く3DCG漫画の超地道な技法開発
  2. 【DAZ studio】Brow Remover for Daz Studio / キャラクターの眉毛を一瞬で消す方法
  3. 【Adobe】Fuse CC で出来ること
  4. 【コラム】アニメとマンガの境界線について(後編)
  5. 「Ghost in the shell」本気のクリエイターなら必見の映画
  6. 【Daz Studio/ダズスタジオ】演技をさせてみた
  7. 【DAZ Studio】iclone6との連動によるアニメーション
  8. 【コラム】佐藤秀峰が描く電子書籍の未来
  9. 【コラム】宮崎駿「終わらない人」を観た。
  10. 職業 漫画監督
PAGE TOP