コラム

【コラム】オザケン復活と30年笑顔

Pocket
LINEで送る

 

いや~、長い・・・。
完全?復活まで20年。
以前の実績が凄すぎたので、20年経ってもいきなりミュージックステーションに出れるのは、さすが・・・。

 

今、録画した番組を見たんだけど、学生時代はオザケンの大大大々…..ファンだったので、非常に複雑な心境。
いろいろな思いや、思い出があり過ぎる・・・。
10代~20代のオザケンには、知的な刺激を受けまくっていた。圧倒的な知性を持っていた・・・。
音楽でも文章でもいい。これからも、知的な刺激が欲しいなぁ。
フリッパーズ復活とか、無茶なこととか絶対ヤラナそうだけど、そこをあえて・・。
別にそこを求めてるわけじゃないけど、そういう無茶も時には人生必要なんじゃないかなと・・・。

 

一番良かったのが、エンディングのオザケンのコメント。

以前、ブラタモリで「鷹狩り」の研究をしていた根崎光男教授が、エンディングで見せた笑顔に匹敵するシーンだった。

30年も鷹狩りを研究しているけど、鷹匠の経験が一度もない根崎教授が、

タモリさんに勧められて、人生で初めて自分の腕に鷹を受け止めたときに見せる笑顔と、
30年ミュージックステーションを続けていて、それを労うオザケンのコメントでタモさんが見せた笑顔。

どちらも何十年と続けて来たからこそ出るてくる表情なので、圧倒的に深い。

両人のディープなファンの私から見ると、今までのミュージックステーション史上、タモさん的に一番うれしいコメントだったんじゃないのかなぁ・・・と。

 

「20年間、この番組が音楽の火を灯し続けていた事に感動しています」

 

このコメントで、オザケンが、まだまだ現役であることを確信。
限られた尺の中で、一気に伝えた心意気も感じ入りました。

オザケン、今後もウォッチしよう。

 

 

 

大坪 拝

 

 

Pocket
LINEで送る

関連記事

  1. クーマリオン(QUMARION)があると、どの程度ポーズ設定がは…
  2. 職業 漫画監督
  3. 【コラム】拡張型スターシステムの可能性
  4. 【コラム】利益を出す目的は、世界で最高のマンガを作る為
  5. マストドンとは何なのか?30個サーバを立てて分かった事
  6. 【コラム】リーンな作品作りは、ハリウッド大作に勝てるのか?
  7. 【コラム】フォトリアル3DCGマンガ論
  8. 【コラム】マストドンは流行るのか?非技術的側面の考察

おすすめ記事

  1. マストドン全国10位以内なら、大坪商介から大坪ドンへ改名
  2. 【コラム】アニメとマンガの境界線について(後編)
  3. 今42才だけど、命があるのはゼロ戦のおかげかもしれない話….
  4. 【コラム】3DCGキャラクターの演技論
  5. 【Daz Studio/ダズスタジオ】女の戦士を作ってみた
  6. 【Daz Studio】ポーズを取った時に髪の毛(hair)がずれてしまう問題
  7. 【コラム】日本の3DCG文化は遅れているが…
  8. 【DAZSTUDIO】Irayでアニメーション

カテゴリー記事一覧

  1. 3DCG漫画の女の子
PAGE TOP