コラム

【コラム】オザケン復活と30年笑顔

Pocket
LINEで送る

 

いや~、長い・・・。
完全?復活まで20年。
以前の実績が凄すぎたので、20年経ってもいきなりミュージックステーションに出れるのは、さすが・・・。

 

今、録画した番組を見たんだけど、学生時代はオザケンの大大大々…..ファンだったので、非常に複雑な心境。
いろいろな思いや、思い出があり過ぎる・・・。
10代~20代のオザケンには、知的な刺激を受けまくっていた。圧倒的な知性を持っていた・・・。
音楽でも文章でもいい。これからも、知的な刺激が欲しいなぁ。
フリッパーズ復活とか、無茶なこととか絶対ヤラナそうだけど、そこをあえて・・。
別にそこを求めてるわけじゃないけど、そういう無茶も時には人生必要なんじゃないかなと・・・。

 

一番良かったのが、エンディングのオザケンのコメント。

以前、ブラタモリで「鷹狩り」の研究をしていた根崎光男教授が、エンディングで見せた笑顔に匹敵するシーンだった。

30年も鷹狩りを研究しているけど、鷹匠の経験が一度もない根崎教授が、

タモリさんに勧められて、人生で初めて自分の腕に鷹を受け止めたときに見せる笑顔と、
30年ミュージックステーションを続けていて、それを労うオザケンのコメントでタモさんが見せた笑顔。

どちらも何十年と続けて来たからこそ出るてくる表情なので、圧倒的に深い。

両人のディープなファンの私から見ると、今までのミュージックステーション史上、タモさん的に一番うれしいコメントだったんじゃないのかなぁ・・・と。

 

「20年間、この番組が音楽の火を灯し続けていた事に感動しています」

 

このコメントで、オザケンが、まだまだ現役であることを確信。
限られた尺の中で、一気に伝えた心意気も感じ入りました。

オザケン、今後もウォッチしよう。

 

 

 

大坪 拝

 

 

Pocket
LINEで送る

関連記事

  1. 【コラム】全ての書籍が有料ブログ化?!アマゾンの読み放題サービス…
  2. 【コラム】アニメとマンガの境界線について(後編)
  3. 狩撫麻礼&たなか亜希夫「ボーダー」
  4. クーマリオン(QUMARION)があると、どの程度ポーズ設定がは…
  5. 職業 漫画監督
  6. 山本おさむ「ぼくたちの疾走」
  7. 【コラム】日本の3DCG文化は遅れているが…、日本には漫画がある…
  8. 週2刊 【コラム】週刊ではなく、週2刊の試み

カテゴリー記事一覧

おすすめ記事

  1. 【連載】DAZ STUDIOで可愛い女の子をサクッと作ってみた-2
  2. 【コラム】ICOで3DCG漫画の資金調達をしたい
  3. 【DAZ Studio】レンダリング比較Irayと3Delight
  4. 【DAZstudio】Scene Optimizerでレンダリングが超絶早くなる
  5. 【Daz Studio】変顔(表情の豊かさ)テスト
  6. 【Daz Studio】ライティングをテストしてみた。
  7. 【adobe / Photoshop】写真をマンガの背景っぽくしてみたら超楽しいwwwww
  8. 【DAZSTUDIO】Irayでアニメーション
  9. 【ダズスタジオ】DAZ studio専門WEBマガジンのご紹介
  10. 【コラム】売れるマンガを作る
PAGE TOP