コラム

【コラム】宮崎駿「終わらない人」を観た。

Pocket
LINEで送る

 

 

宮崎駿「終わらない人」を観たました。

宮崎さんのボヤキは、面白くて3回くらい爆笑してしまった。
チャーミングなんだよなぁ…。

 

新作の短編に掛けるこだわりは、凄かったです。
あの徹底した拘りがジブリブランドを作り上げた…ということがよく分かる内容でした。

冒頭のシーンに頭を悩ませ続けるところとか、毛虫の大軍を延々と描き続けるところとか…。
75歳であの調子ですから、以前の宮崎監督はもっと凄かったでしょう。
ファンとしては、多くのスタッフに支えられて制作するクリント・イーストウッド方式に転換して欲しいと思っておりましたが、スタイルが全く違うので難しそうですね。

 

以前3~4回ほどジブリさんとお仕事する機会があったのですが、よい経験を積ませてもらったな…と今更ながら感謝。貴重な体験でした。
鈴木プロデューサーには分厚いステーキのお店に連れていってもらったし、宮崎さんの仕事中の後ろ姿を生で見れたのも貴重だったな…。
多少貢献もできたので、よい思い出。

 

カワンゴとの衝突は仕方がない。
別のロジックで成功した2人の邂逅なので相容れるハズがない。
どちらも正しいと思うので、何とも言えない気分。
なんか意味のない衝突だったな…。

 

あと、急に思い出しました。

社会人数年目のペーペーだった僕が、ジブリの制作局の局長の方に1000円貸してと言われたことが…。
その方が、丁度なかったのか、お財布を忘れた等々の理由でお金がなく、鈴木さんには貸してとはさすがに言えずに、なぜか僕に…。

ほぼ初対面なのと、40前後の方に、20代半ばだった僕が1000円を貸すシチュエーションがなんかコミカルで面白かったです。
分かりにくいかもしれませんが、自分の中ではジブリらしい、、、エピソードです。

 

宮崎監督の新作制作されるのかなぁ…

大坪 拝

Pocket
LINEで送る

関連記事

  1. 【コラム】マンガもコツコツ作っています。
  2. 【3DCGマンガ論:第2回】キャラクターがしゃべる??漫画
  3. 【3DCGマンガ論:第3回】「スマホ漫画、1ページに1~3コマが…
  4. 【コラム】アニメとマンガの境界線について(後編)
  5. 今42才だけど、命があるのはゼロ戦のおかげかもしれない話R…
  6. 【コラム】佐藤秀峰が描く電子書籍の未来
  7. 【コラム】マストドンは流行るのか?非技術的側面の考察
  8. クーマリオン(QUMARION)があると、どの程度ポーズ設定がは…

カテゴリー記事一覧

おすすめ記事

  1. 【DAZ Studio】イギリスの無料アイテムサイト
  2. 【マンガ on ウェブ】エクゾジャケット・3DCGソフト刷新しました。
  3. 【DAZSTUDIO】専門雑誌の最新号が出ました。Vol.22&Vol.23
  4. 【ダズスタジオ】本人に似たキャラクターを作る方法
  5. 【マンガ on ウェブ】ナント!雑誌の表紙になりました!
  6. 無料ランキングで1位・2位を奪取!有料本も新着1位に!!
  7. 【コラム】リーンな作品作りは、ハリウッド大作に勝てるのか?
  8. 【DAZstudio】DAZのフリーランスの方々を探すサイト
  9. 背景として使用できるAdobe Stockの可能性
  10. 【コラム】マンガという表現手法の深み
PAGE TOP