コラム

【3DCGマンガ論:第2回】キャラクターがしゃべる??漫画

Pocket
LINEで送る

 

2回目の「3DCGマンガ論」は、キャラクターをしゃべらせる方法についてです。

フォトリアルな3DCGキャラクターを使った漫画の弱点として、動きが止まって見える…という部分がございます。

 

フィルム・コミックのような動きの止まった漫画表現になってしまうのです。

 

下記のコマをご覧下さい。
kutiwougokasu

このコマの口元を加工すると、このようなコマになります。
kutiwougokasu2

細かな部分ですが、口元に動きを与えた為、しゃべっている雰囲気が出ているかと思います。

今後フォトリアル3DCG漫画では、このような細かな演出(絵が止まっているように見えない配慮)が、重要視されるようになると思います。

大坪 拝

 

※事例に使用したエクゾジャケット11話目は、Web雑誌「マンガ on ウェブ」7号目にて、2016年10月1日初公開します!

 

 

Pocket
LINEで送る

関連記事

  1. 【VALU雑感】VALU運営側の問題を指摘します
  2. 【コラム】複利と累積進化(選択)とマンガの売上
  3. 【コラム】アニメとマンガの境界線について(後編)
  4. Youtuberヒカル氏、VALUの全VA放出問題。
  5. 【コラム】小規模マストドンをローコストで運用するコツ
  6. 道なき道を行く3DCG漫画の超地道な技法開発
  7. 【コラム】日本人俳優とハリウッド俳優の演技力について
  8. 山本おさむ「ぼくたちの疾走」

カテゴリー記事一覧

おすすめ記事

  1. CLIP STUDIO PAINTでマンガロイド(3DCG漫画)に挑戦…
  2. マストドンとは何なのか?30個サーバを立てて分かった事
  3. 六角大王でどこまでの漫画が作れるのか?
  4. 【連載】DAZ STUDIOで可愛い女の子をサクッと作ってみた-1
  5. マストドンのインスタンス(鯖)を立ち上げてみました。
  6. コミPo!で一番おもしろいのは、どの作品なのか?
  7. Daz to Blender / フィギュアをBlenderに直接読み込む方法
  8. 【DAZ Studio】DAZでアニメを作る方法
  9. 【DAZ Studio】リアルなレンダリングエンジン LuxRender
  10. 【Daz Studio/Unity】Unityのアセットを漫画背景に活用してみる。
PAGE TOP