DAZ Studioの使い方

【フォトリアル化します】エクゾジャケット-渡辺 小糸津

Pocket
LINEで送る

 

Gペンから丸ペンへ、丸ペンからミリペンへ・・・と画材を変化させることは、比較的多くの漫画家がチャレンジしています。

 

レンダリング画像を主体とした3DCG漫画文化は、まだまだこれからではありますが、今後連載を10年、20年と続けていく漫画家が現れてくると、ソフトウェアの進化の問題に直面することになると思います。

ということで、私、大坪が手掛ける「エクゾジャケット」は、一足先にその問題に正面からチャレンジしてみたいと思います。

 

「エクゾジャケット」は、物語とは別軸で、実験的手法を用いたマンガを制作しています。
キャラクターを3DCGのレンダリング画像だけで制作したり、ポーズ設定にクーマリオンを使ったり、主題歌をつけてみたり、ドキュメンタリーを作ったり、実際にパワードスーツを作ったり、1コマ形式の漫画にしてみたり…等々です。

 

使用するソフトウェアの変更という、今後現れる多くの3DCG漫画家にとっても切実な問題になるであろう最難関の問題に挑戦して、成功させることで一つの事例を提示してみたいと思っています。

今回は「六角大王」から「DazStudio」に使用するキャラ制作ソフトを変更いたします。

 

とは言いつつも、実験ありきの決断ではなくて、作品そのものが格段に良くなるであろう…という確信があったので、チャレンジしてみようと決めました。実際に画像を見てもらえれば、ご理解頂けると思いますが、キャラクターの実在感がグッと増します。

どのキャラクターも1発目のレンダリング画像ができあがると、「お前…、こんな顔をしていたのか…」と思わずつぶやいてしまいます。生きている…という実感が画像から感じられるためです。
これはこれで、作品にプラスの影響を与えるのではないかな・・・と。

 

031

kosizu_fix2

 

021

渡辺 小糸津は、眉毛が特徴で、リアルと漫画絵の狭間を攻めなければならなかったので、ここら辺のバランスが難しい。
なんとか、良い線にまとまったかと思います。

kosizu_fix_test3

まだ、どうなるか分かりません。

上手くいくことを願いつつ、しばらく作業を続けてみようと思います。

koshizu_test6

 

Pocket
LINEで送る

関連記事

  1. 「道」 宇多田ヒカル
  2. 3DCG漫画って、どこまで表現できるの?最先端の技術が分かる作品…
  3. 【ダズスタジオ】DAZ studio専門WEBマガジンのご紹介
  4. 【DAZ Studio】注目のDAZベンダーSWAM
  5. 【Daz Studio/ダズスタジオ】演技をさせてみた
  6. 【DAZ Studio/基本編】最初のインストール方法
  7. 【DAZSTUDIO】石野田 妃歩美-エクゾジャケット
  8. 【DAZ studio】髪の毛や小物を左右反転させる方法

3DCGイラスト制作承ります。

カテゴリー記事一覧

おすすめ記事

  1. 【DAZ Studio】世界最大の芸術家コミュニティ:デヴィアントアート
  2. 【Daz Studio】肌のヌメリとハイライトを考える:その1
  3. 「Ghost in the shell」本気のクリエイターなら必見の映画
  4. 【インタビュー/Daz Studio】天川和香先生が登場(後編)
  5. 職業 漫画監督
  6. 【インタビュー】大坪商介(おおつぼ しょうすけ)
  7. 【コラム】アニメとマンガの境界線について(前編)
  8. 【DAZ STUDIO】Hi-Key Studio Iray
  9. Christmas Time Is Here
  10. 【コラム】連載マンガに主題歌をつける試み
PAGE TOP