コラム

【コラム】世界中でDAZ STUDIOの教室が開かれている件

Pocket
LINEで送る

 

 

先日、フィリピンの5都市でDAZ Studio教室が開かれているのを知ることができたので、さらに世界中でどの程度DAZ教室(講座)が開かれているかを調べてみました。

※参照元 https://www.theknowledgeacademy.com/

https://www.theknowledgeacademy.com/courses/daz-studio-software-training/

https://www.theknowledgeacademy.com/au/courses/daz-studio-software-training/daz-studio-software-training/

https://www.theknowledgeacademy.com/fr/courses/daz-studio-software-training/daz-studio-software-training/

 

結果・・・・、多すぎて数えられないくらいの都市でDAZ教室が開かれていることが分かりました。

 

イギリスだけで94都市。カナダ22都市、フランス20都市、アメリカは多すぎて数える気がしない・・・といった状況です。

先進国だけではなく、インドでも数十か所、ドイツで30か所くらいで開かれていることが分かりました。

下記の表で概算と書いてあるとことは、集計する時間がなかった国で、大よその推定数値です。

分かっている範囲でだいたい380都市くらいで、DAZ教室が開かれていることになります。

toshi

 

DAZ Studioが、3DCGのキャラクターを作る上で、世界標準のソフトになっていることがお分かり頂けると思います。

 

日本では、DAZ STUDIOの広がりは微妙な状況です。これは日本が英語圏でない…ということが原因の一つだと思います。

 

とは言いつつも日本のマーケットは、とある資料を元に類推すると既にイギリスよりマーケットが大きい・・・可能性が高い状況です。

 

 

私の予想では、日本のマンガ文化とDAZ STUDIOが結びつくことで、数年以内にDAZ STUDIOのマーケットは日本が世界の中で一番大きくなります。

ティッピングポイントは、DAZ STUDIOが日本語化されたときです。

 

競合が増えてしまうので、あまり大きな声で言いたくないのですが…、今のうちの取り組むと、良いことが起こると思います…。

 

 

 

Pocket
LINEで送る

関連記事

  1. 松居一代「おちんちんシール」のくだらなさのクオリティが 半端ない…
  2. 【コラム】3DCGキャラクターの演技論
  3. 【コラム】オザケン復活と30年笑顔
  4. 【コラム】「スマホ漫画、縦スクロールが最強説」と「年末のご挨拶」…
  5. 【3DCG漫画論:第6回】3DCG漫画でスピード感を演出する方法…
  6. 週2刊 【コラム】週刊ではなく、週2刊の試み
  7. 【コラム】「不気味の谷」と「妄想の山」
  8. 【コラム】売れるマンガを作る

おすすめ記事

  1. マンガロイド作画の利点(前編)
  2. 【コラム】拡張型スターシステムの可能性
  3. 【注目の作品/DAZ Studio】2015年のベスト作品が公開されました。
  4. 【コラム】小規模マストドンをローコストで運用するコツ
  5. 【コラム】売れるマンガを作る
  6. 【DAZ Studio】iclone6との連動によるアニメーション
  7. 【新技術】フェイシャルキャプチャFacerig
  8. 【Daz Studio】10分でワイルド美青年の顔アップ

カテゴリー記事一覧

PAGE TOP