コラム

【コラム】週刊ではなく、週2刊の試み

週2刊
Pocket
LINEで送る

 

漫画は、「少年マガジン」「少年サンデー」の創刊により、1959年に月刊から週刊へ移行しました。

以来半世紀、週刊漫画がマンガ文化の中心を担っています。

読者の立場からすると、週刊でも遅いような気がしています。

子供の頃を思い返しても、次の話が読める翌週まで物凄く長く感じていました。

面白い作品なら、すぐに次の話を読みたい・・・という潜在的なニーズが、確実存在していると思います。

そこで、週2刊というアイデアが出てきます。

 

実際に作業をしていて思うのは、マンガロイド(3DCG)の文化と技術を使えば、それは簡単に実現できる可能性があります。

イメージとしては、ネームは2本分一気に書いてしまって、2日で1話分を作画します。

水曜日と金曜日に配信して、週2刊を実現。

 

「無理だろー」と思われるかもしれませんが、月刊から週刊化するときも、「無理だろー」と思われておりました。

月刊から週刊は4倍の速さを求められますが、週刊から週2刊は、2倍の速さで可能です。

電子書籍配信と3DCGというテクノロジーの力を使えば、実現可能なハズです。

 

2-3年以内に実現できたらいいなぁ・・・。

 

 

 

 

 

 

Pocket
LINEで送る

関連記事

  1. 【コラム】マンガ制作とレバレッジ
  2. 【コラム】3DCGキャラクターの演技論
  3. 【コラム】オザケン復活と30年笑顔
  4. 大友克洋 ショートピース
  5. 職業 漫画監督
  6. 山本おさむ「ぼくたちの疾走」
  7. 【コラム】複利と累積進化(選択)とマンガの売上
  8. 【3DCGマンガ論:第3回】「スマホ漫画、1ページに1~3コマが…

おすすめ記事

  1. 【Daz Studio】髪の毛(hair)の色が変更できない問題
  2. 【DAZ Studio】ダズスタジオ4.9が正式にリリースされました。
  3. マンガロイド作画の利点(後編)
  4. 【コラム】連載マンガに主題歌をつける試み
  5. 【Daz Studio】新しい髪形(hair)がずれてしまう問題
  6. 【コラム】オザケン復活と30年笑顔
  7. 【Daz Studio】どこまで肌をきれいにできるかに挑戦
  8. 【コラム】利益を出す目的は、世界で最高のマンガを作る為

カテゴリー記事一覧

PAGE TOP